頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2016/12/29

計画倒れ防止の3つのキーポイント|横浜の医学部難関大予備校

心機一転して『受験勉強を頑張ろう!』と思い、計画を立てたのになかなか思うように計画・目標が達成できないという医学部・難関大受験生・高校生へのコラムです。

 

今回のコラムでは「計画倒れを防ぐ方法」を、次回のコラムでは「それでも上手くいかない場合の対処法」をお送りします。

 

横浜予備校の医学部・難関大学クラスで普段アドバイスしている内容なので参考になる部分があれば是非、実践してみて下さい。

 

このコラムが頑張る受験生・高校生のお役に立てれば幸いです。

 

計画倒れ防止の3つのキーポイント|横浜の医学部難関大予備校

pixta_6117510_m

 

せっかく考えて計画を作ったのに計画通りに進まないと『やる気』が低下してしまいますね。

 

[はまりたくない魔の公式]

計画倒れ→やる気の低下(→勉強しなくなる…)

 

この[魔の公式]にはまらないためにも注目したい3つの要因をまずは押さえましょう。

 

・なぜ計画通りに進まないのか?

計画通りに勉強が進まない3大要因として挙げられるのがつぎの3つではないでしょうか?

① 計画通りに勉強時間を確保できていない

② 計画が時間に対して膨大

③ 集中出来ていないので進度が遅い

 

この3大要因を撃退するための解決策を考えていきましょう。

 pixta_9156468_m

・計画倒れを防ぐ解決策①(決める)

 

学校や塾の授業は”決められた時間割”があるので半ば強制的に勉強することになりますね。

 

自習の時間も同じように友達からの誘いがあっても、眠くても、携帯をいじりたくても、絶対にこの時間だけは勉強にあてるという時間を先に確保しましょう。

 

例えば、20:00~23:00は絶対に勉強時間にあてると決めたらこの時間にはよほどのことがない限り予定や約束を入れない。こうすることで計画遂行するための最低限の時間を確保することができます。

 

・計画倒れを防ぐ解決策②(記録する)

 

1週間に勉強に割ける時間が20時間の人と45時間の人とでは当然、こなせる勉強量・ノルマは違ってきますね。

 

割ける時間が20時間しかないのに45時間分のノルマを課していないでしょうか?

 

1ℓのペットボトルに2ℓの水は入りません。勉強のノルマも自分が作れる時間の容量内で作っていきたいですね。

 

自分の時間の容量が1週間でどれくらいあるのかを知りましょう。1週間の自分の行動・勉強時間・進んだ範囲を細かくメモをとっていき自分の勉強時間がどれくらいなのか“容量”を知りましょう。

 

こうすることで自分に過度のノルマを課して計画倒れになり、やる気が低化するという[魔の公式]を回避することができます。

 2

・計画倒れを防ぐ解決策③(集中する)

 

勉強時間が確保でき、過度のノルマを課さなくても自分本来の能力が発揮された状態で勉強しなければドンドンと勉強計画は遅れがちになっていってしまいます。

 

この集中していない状態を回避するために、自分にプレッシャーをかけ集中力を高めて勉強していきたいですね

 

1週間でやる予定の参考書・問題集だけを机の上に並べ、いつまでにどこまでを終わらせるかを参考書や問題集に付箋で貼ります。

 

(例)

黄色チャート 12月25日(20:00までに) P150まで

 

上記のような内容を書いた付箋を参考書の終了予定ページ貼るだけで自分にプレッシャーをかけることができます。締切効果が働くのでダラダラと勉強するという事態を回避することができます。

 

横浜予備校の生徒はハマヨビ合格手帳をしっかりと使い込んでいってくださいね!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/25

受験勉強の学習効率を最大化する2つのワザ|横浜の高校生の塾

こんにちは、佐藤です!

 

先日、横浜予備校の現役生(高校生)から

 

「授業を漠然と聞きがちで、参考書も漠然と読みがち…。なので、勉強したことが全然身に付いた感じがしない…」という

 

という相談を受けました。このコラムではそこでアドバイスした内容をご紹介いたします。このコラムが同じような悩みを抱える高校生のお役に立てれば幸いです。

 

受験勉強の学習効率を最大化する2つのワザ|横浜の高校生の塾

 pixta_4438135_m

・ワザ① 参考書や授業に「なぜ?」と問いながら読む(聞く)

勉強の得意な器用な人が自動的にやっているのがこの” 参考書や授業に「なぜ?」と問いながら読む(聞く)”というやり方です。

 

勉強が上手く軌道に乗らない人はただ「参考書を読み」、ただ「授業を聞く」という状態に陥りがちです。

 

このままの状態が続くと勉強をやっても、やっても点数に反映されないという状態が続いてしまいます。

 

逆に「なぜ?」という問いをかけながら勉強をしていくと、

①知識が体系的につながる

②無駄な暗記を減らせる

③覚えなきゃいけないことでもストーリーがあるので覚えやすくなる

などの効果が確実に出てきます。

 

例えば次の問題と解説見てください。

 

問題

He went swimming (     ) the river.

①of  ②to ③in ④on

 

解答 ③

解説 go swimming in ~で「~に泳ぎに行く」という意味。toは入らない。

 

上記のような解答と解説を見て覚えてしまうというのが一番まずい勉強法。説明は割愛しますが、ここでは、「なぜ?」toがダメなのか、また、「なぜ?」inを使うのかというツッコミを入れながら勉強していきたいですね。

 

このツッコミを入れられれば、He went skating (    ) the lake.とった応用問題がでた場合、(    )にはonを入れれば良いと容易に判断できるようになります。

 

「なぜ?」というツッコミをいれることによって応用問題を解けるようになり、丸暗記を最小限にとどめることができます

 

この習慣がついていない人は是非、意識的に「なぜ?」というツッコミをいれながら参考書を読んだり、授業を聞いてみてくださいね。

 pixta_22775354_m

・ワザ② 自分で問題を作ってみる

この方法は復習の際にすごく役立ちます。自分で問題を作ることにより、

①先生(参考書)が強調していたポイントを思い出せる

②自分で問題を作るので記憶に残りやすい

③出題者の気持ちが分かる

という効果が得られます。

 

英語の長文問題や現代文でこの方法は有効です。

 

<授業や参考書で説明された英文>

The universality of music is, perhaps, more controversial than that of language because we place greater emphasis on production than listening, with many individuals declaring themselves to be unmusical.

「音楽の普遍性はおそらく言語の普遍性よりも議論の余地があるだろう。なぜなら私たちは音楽を聴くことより作り出すことに重きを置き、多くの人たちは自らを音楽の素養がないと断言するからだ」

 

このような長文を勉強して、先生が次の3点をポイントだといったとしましょう。

ポイント① thatはthe universalityを受ける代名詞

ポイント② withは付帯状況のwith

ポイント③  emphasisにくっつく前置詞はon

 

そこで、復習の際に自分で次のように問題を作ってみるわけです。

 

<ポイントを踏まえたうえでの自作の問題>

The universality of music is, perhaps, more controversial than (1)that of language because we place greater emphasis [  (2)  ] production than listening, (3)[declaring / many individuals / themselves / to be / with ]unmusical.

 

問1 下線部(1)がものを英語で書きなさい。

問2 空所(2)に入るのに適切な英語を書きなさい。

問3 空所(3)を並べ替えて意味の通る正しい英文を作りなさい。

 

このように自分で問題を作ることで、授業(参考書)で勉強したことをしっかりと定着させ、重要ポイントを明確にすることができます

 

・まとめ

授業・参考書で勉強したことが中々身につかない人は、今回紹介した「なぜ?」というツッコミをいれながら解説を読む(授業を聞く)、自分で問題を作ってみるという2つのワザを実行してみましょう。

 pixta_2868136_m

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/23

センター英語長文が全く読めない人にオススメの参考書

今回のコラムではセンター試験レベルの長文が全然読めない人向けの参考書をご紹介します。このコラムが英語を何とかしたいと思っている受験生のお役に立てれば幸いです。

 

センターレベルの長文が読めない高校生にオススメの参考書

入試突破英文解釈これだけは

%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%af

 

対象レベル

✔ 基本的な英文解釈の参考書(読解のための英文法書き込みノート英文解釈そこが知りたい英文読解 など)が終了した人

 偏差値45~偏差値55程度の受験生

✔ センター試験の英文が自力で解釈できない受験生・高校生

 

ここが特徴!

 ・全てがセンター試験の英文

“読むべき英文に知らない単語があり過ぎて途方にくれている”受験生のためにすべての素材がセンター試験の問題から取られています。

 

センター試験で出題される英文の単語・熟語は受験生なら必ず知らなければいけないものばかり。そういう意味でもセンター試験は英文解釈(読解)の入門段階では非常に良い素材です。

 

英文読解入門用の教材には語彙レベルが高いものが多いですが、この参考書に出てきた語彙は受験生が知っておくべき英単語で構成されているという点でも学習効果がとても高いです。

 pixta_25136670_m

・解説がとても丁寧

例えば、Garlic, used in a number of dishes, may be linked to good health.という文に対して4ページにもわたって丁寧に“どのように英文を読むか”についての“頭の働かせ方”が書かれています。

 

極力、左から右に英文が読めるようになるようにしっかりと解説が書かれているので熟読しましょう。この解説部分をマスターすれば標準的な英文なら自力で文構造を正確にとれるようになります。

 

・復習コーナー・単語チェックコーナー

各講の終わりには“復習コーナー”という本文を穴埋め問題にした復習用の素材と、“単語チェックコーナー”という語句を確認するコーナーがあります。

 

復習コーナーは音読した内容が定着しているかどうかの確認になるので必ずチェックするようにしましょう。また、“単語チェックコーナー”は音読が終わった後で必ず活用するようにしましょう。

 

・ビデオ講義

pixta_25136959_m

以前はこの参考書に付随したビデオ講義が公式ホームページ上に公開されていましたが残念ながら現在はないようです。もちろん、本だけでも素晴らしい教材なので英語が苦手な人には使って欲しいのですが、鬼塚先生のビデオ講義を見たいという人は以下のURLでビデオ講義を見ることができますので活用してください。

 

ビデオ講義

https://www.youtube.com/watch?v=YL2dKeBFslQ&list=PLdG31GUo-My_vaoQgiCUsh0JyxeaPmb3_

 

・使い方

① 各講の英文を読み全訳を書いてみる(注にある語句は参照しても良い)

② 解説を熟読し、各英文を読む際の頭の働かせ方や基本単語の使い方を確認する

③ ②で本文が理解で来たら、適当な個所でスラッシュを入れながら音読を10回程度行う

④ 復習チェック・単語チェックのコーナーで確認

 

全部で24講あるので、月曜日~土曜日で1講ずつ進め日曜日に復習をしていけば4週間で仕上げられる。短期集中で一気に取り組んで英語の読み方をマスターしてしまいましょう。

 

目次

第1講    オリエンテーション 英文の基本はSV

第2講 文頭の前置詞句

第3講 文頭のVing(1)

第4講 文頭のVing(2)―分詞構文

第5講 文頭不定詞、文頭接続詞

第6講 文頭のWhat

第7講 文頭の過去分詞

第8講 文頭のIt(仮主語)

第9講 文頭のIt(強調構文)

第10講 「分詞」とは「形容詞」のこと

第11講 第4文型

第12講 第5文型(1)

第13講 第5文型(2)

第14講 関係詞の箇所は「切る」

第15講  同格のthatと関係代名詞のthat

第16講  カンマ+which…

第17講 節の中での省略

第18講 否定

第19講 比較(I)

第20講 比較(II)

第21講 比較(III)

第22講 現在完了

第23講 過去完了

第24講 the way …

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/18

英文法が苦手な人に使って欲しいドリル!

今回のコラムでは個人的に英語の苦手な人にとっては“隠れた名著”だと思っている英文法筋力エクササイズをご紹介したいと思います。やり切れば本当に力が着く教材なのでお勧めです。

 

学校でネクステなどの問題集をもらい、理解が進まないとか、力がついた気がしない、と思っている生徒に強力にお勧めしたい教材です。

 

英文法が苦手な人必見!のドリル 

土曜日に差がつく英文法筋力エクササイズ1・2

 1 2

対象レベル

✔ 入試に向けて本格的英文法問題集に入る前の段階

✔ 高校1年生・2年生

✔ 多くのドリルを解いて知識を定着させたい人

✔ 英文法の基礎力に不安のある受験生

✔ 難関大学を目指しているのに、次の問題を解いて自信を持って7問以上正解できない受験生(制限時間を守って解いてください)

 

・レベルチェック

<レベルチェック問題>[制限時間4分]

次の各文の(  )に入る適語を選びなさい。

(1)  The secretary opened the mail, which (  ) that morning.
①delivered ②is delivered ③had delivered ④had been delivered

 

(2)  Linda was sixteen but had no trouble (  ) for twenty.
①pass ②passed ③passing ④past      

 

(3)  Do you know that Japan once produced more silk than (  ) country?
①different ②other ③another ④any other        

 

(4)  (  ) that there is no law against that, I still think it is immoral.
①Thinking ②Granting ③Asserting ④Forgetting          

 

(5)  I know a woman (  ) first and last names are the same as mine.
①which ②what ③who ④whose          

 

(6)  I copied in my notebook (  ) he wrote on the blackboard.
①however ②that ③whatever ④whoever         

 

(7)  He is not the man (  ) he was when I first knew him.
①that ②what ③which ④whom          

 

(8)  It was about a mile to the base of the hill, and from the bottom it looked impossible to walk up, (  ) run.
①much less ②more or less ③no less than ④much more             

 

(9)  I’m sorry (  ) you waiting so long. The train was delayed for an hour.
①while ②to have kept ③to make ④that          

 

(10)  (  ) on the farm all day long, he was completely tired out.
①Worked ②Not working ③Being working ④Having worked      

 

解答

(1) ④  (2) ③  (3) ④  (4) ② (5) ④ 

(6) ③  (7) ①  (8) ①  (9) ②  (10) ④ 

 pixta_2868136_m

・どのレベルまで達せられるか?

先ほど解いたレベルチェック問題を1問20秒程度で正確に自信を持って解けるようになります。英語の典型的な形に関して大量に演習をしていく教材なので解くスピードも正確性も確実に増していきます。

 d025c34dacf9a4fc1819891e669357f2_s

・まとめ部分が素晴らしい!

各英文法分野を小さなカタマリにして問題集が構成されています。そして、この小さくわけたカタマリごとにまとめのページがあり、次にこの範囲で解ける問題のドリルを解いていきます。つまり、

 

まとめのページで理解⇒ドリルで演習

 

という構成になっています。そして、このまとめの部分にまるで予備校のノートのようにキレイに必要最小限の事項がまとまっています。この部分をしっかりと理解し覚えるべきことを覚えていきましょう。

 

・ドリル(筋力エクササイズ)の量が充実

これだけ問題を解けば確実に知識が定着する!というくらい問題量があります。例えば、自動詞と他動詞だけで75問もあります。まとめの部分がしっかりと暗記・理解できていればストレスなく問題集を進めていくことができます。

 pixta_9577982_M

・注意点

✔非常に良い本なのですが、アマゾンで調べたところ、新品のものはなく現在は中古のものが手に入る状況のようです。

✔ドリルの解説が少ないので分からない部分がある場合、先生に質問できる環境にあるとすごく良いです(横浜予備校の生徒はハマトレを利用しましょう!

 

・使い方

① 各章のまとめ部分を暗記・理解

② ①が終わり次第、制限時間(各エクササイズの上に書かれています)を意識して“筋力エクササイズ”を解く

③ 制限時間内に②が100%できるようになるまで②を繰り返す。

④ 各章の“実践力エクササイズ”を解いて90/100以上なら合格

 

基本的には上記①~④のサイクルを繰り返していけばOKです。

 

・目次

Part1

 

1.自動詞と他動詞と前置詞の有無                                

2.文型と修飾語句                                                                 

3.第2文型・第4文型の動詞                                        

4.注意すべき第3文型                                                

5.使い分けが必要な動詞                                 

第1回 実戦力エクササイズ                                        

 

6.第5文型をとる動詞(1)                                  

7.第5文型をとる動詞(2)                                  

8.第5文型をとる動詞(3)[keepとleave]               

9.第5文型をとる動詞(4)[知覚]                          

10.第5文型をとる動詞(5)[使役]                          

第2回 実戦力エクササイズ                                        

 

11.受動態の頻出ポイント                                 

12.助動詞の頻出ポイント                                 

13.完了形の頻出ポイント                                           

第3回 実戦力エクササイズ                                        

 

14.仮定法の基本用法(1)                                 

15.仮定法の基本用法(2)                                 

16,ifのない仮定法                                                     

17.仮定法の省略と言い換え                                        

18.仮定法の慣用表現                                                           

第4回 実戦力エクササイズ                                                   

 

19.不定詞と動名詞の名詞的用法                     

20.頻出の動名詞を使った構文と書き換え           

21.注意すべき不定詞の形容詞的用法                                    

22.注意すべき不定詞の副詞的用法                               

23.注意すべき不定詞の構文                                         

24.分詞の使い方・見分け方                                        

25.注意すべき分詞                                                    

第5回 実戦力エクササイズ

 

 

Part2

1.意味上の主語                                             

2.節から動名詞への書き換え                                      

3.不定詞と節の書き換え                                  

4.分詞構文の作り方                                                  

5.現在分詞で始めるか、過去分詞で始めるか                            

6.注意すべき分詞構文                                                         

第1回 実戦力エクササイズ                                        

 

7.関係代名詞の用法                                      

8.関係代名詞whichとwhomの用法                                        

9.関係代名詞who,whose,whom                                    

10.関係代名詞の非制限用法                                      

11.前置詞+関係代名詞                                             

12.関係代名詞thatの用法                                         

13.関係代名詞whatの用法                  

14.関係副詞の種類と使い方                                       

15.関係副詞と省略                  

16.(1)複合関係詞[—ever]                                         

(2)複合関係詞[no matter —]   

第2回 実戦力エクササイズ

 

17.比較の用法                                                          

18.原級比較の要点                                                   

19.noを使った表現                                                    

  1. (1)比較の重点

(2)最上級の重点と比較級の慣用表現               

21.最上級を表す用法                                                 

第3回 実戦力エクササイズ                            

 

22.強調構文の基本用法                                  

23.強調の仕方                                              

24.注すべき倒置                                            

25.否定の種類と意味                          

26.否定語のない否定                                     

27.SVの省略と慣用表現                                 

28.同格の働きと代用表現                                           

第4回 実戦力エクササイズ

 

このコラムが英文法の勉強に悩む高校生・受験生のお役に立てれば幸いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/14

デキル受験生のスキマ時間活用法

出来る受験生の時間活用術

 

・スキマ時間を活用しよう

いよいよ受験シーズン間近。受験生にとっては追い込みの時期になってきました。センター演習だけでなく、模試の復習、過去問演習、苦手科目対策等、やるべきことがどんどん増えていきます。そして実感することと言えば…『時間が足りない』という感覚。

1

「時間」は人間に与えられた唯一、平等なモノですが、「時間の使い方」には個人差が生まれてきます。

睡眠時間を削れば、時間は生み出せるかもしれません。しかし、睡眠不足は、集中力の低下をもたらし、体調も崩しかねません。

 

日々、学校、塾、予備校、自宅で行う”学習のルーティン”を乱さないようにしながらも、新たなる「時間」を生み出すにはどうしたらよいでしょうか?

 

それは、『スキマ時間』の活用しかありません。そのスキマ時間とは、すばり『5分レベル』の時間です。

 

「勉強」と言えば、最低30分以上のまとまった時間を確保し、心を落ち着けて行うモノというイメージがあると思いますが、実は、『受験勉強』のすべてが長時間の時間を必要とするわけではありません。確かに、問題演習をするには長時間を必要としますが、実力を伸ばすのに大切なのは、『細かい知識の理解&暗記』です。いくら問題演習をやっても、間違えた個所の「確認」や「復習」を行わないと知識は定着しません。

 

「暗記」や「復習」のような学習は、意外と「いつでもどこでも行える作業」です。1日の生活の中で「5分レベル」のスキマ時間は誰にでも存在します。「ほんの短い時間をどの学習に活用できるか?」…ここで受験生の中に「差」が生まれてきます。貴重な「時間」を有効活用できる「賢い受験生」になりましょう。

 

・忙しい受験生の時間活用に役立つ名言

今回は「時間」の大切さがわかる名言を紹介します。

 

1.“何についても時間を「見つける」ことなどできない。時間が欲しいなら、作るしかない。”

You will never “find” time for anything. If you want time, you must make it.

 

【チャールズ・バクストン】(1822-1871

チャールズ・バクストン(Charles Buxton)は イギリスの博愛主義者、醸造家。

2

 

 

2.“忙しいだけでは十分ではない。アリだって忙しい。問題は「何をしていて忙しいか」である。”

It is not enough to be busy; so are the ants. The question is: What are we busy about?

 

【ヘンリー・デイヴィッド・ソロー】

3

1817-1862

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau)は、アメリカ合衆国の作家・思想家・詩人・博物学者。

 

 

3.“平気で1時間を無駄にする人は、人生の価値がわかっていない。”

 

【チャールズ・ダーウィン】

4

1809-1882

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin)

はイギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。『進化論』を提唱した人物としてあまりに有名。

 

 

先生

この名言を英訳してみましょう。

 

①まずは主語を組み立てましょう。「平気で1時間を無駄にする人」は関係代名詞を使って表現します。

The man who

 

②「平気で」というニュアンスを『あえて~する・思い切って~する・生意気にも~する』という意味を持つdare to do~】を使います。

The man who dares to waste one hour of time

 

③次に、「まだわかっていない」のニュアンスを現在完了形にして表現します。「人生の価値」をthe value of lifeにすれば…

The man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life.

(完成)

 

このコラムが頑張る受験生のお役に立てれば幸いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜にある第一志望合格が目指せる個別サポートの予備校よりお知らせのご案内です

What’s Newコーナーでは、横浜の進学塾である横浜予備校の最新情報のご案内をしております。コースのご紹介や生徒募集のご案内、大学受験に向けた校内の様子、受験生に役立つ勉強法などをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
当校は予備校でありながら集団授業ではなく、個別指導や極少人数指導を基本としております。周囲の雑音が気にならない完全個室でのマンツーマン指導や、最大4名までのプロ講師の目が行き届く授業、オリジナルの学習教材、徹底した学習管理で、手が届かないとおもっていた第一志望にも合格を果たせます。

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る