頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2017/10/18

横浜の大学受験予備校が教える模試の復習法

 

こんにはヽ(^0^)ノ。佐藤です。模試が毎週末に行われるようになる季節になりました。

 

大学受験を控える横浜予備校の生徒からも模試の復習の仕方について質問されることも多くなりました。

 

前回のコラムでは“模試を受験する前に行いたい事”の情報をお伝えしましので、今回のコラムでは模試当日に行いたい復習法をお伝えしたいと思います。

 

 横浜の大学受験予備校が教える模試の復習法

模試を受けた当日には以下の点に注意をして模試の復習を行えば、効率的に勉強を進めやすくなります。

pixta_3167275_M_R

①時間配分は適切であったか?

時間配分の感覚は実際に試験を受ける中でしか身に付きません。

 

時間をかけるべきじゃない“難問”に時間を取られ過ぎて、取るべき問題を落としてしまっていないかを見返しましょう。入試の合否は如何に標準問題までを取りこぼしなく得点できたかにかかっています。

 

②得点率が5割を超えた教科はその日のうちに復習

得点率が5割を超えた教科は模試当日中に復習を行いましょう。

 

当日であれば実際自分が問題を解いた時の思考過程も見直せ、効率よく解説を見ながら復習を行っていくことができます。

 

また、間違えた問題は教科ごとに模試専用の間違い直しノートを作って自分の弱点をストックしていきましょう。このノートが自分の弱点集となり入試本番直前に見返すと効果絶大になります。

 

さらにこの間違い直しノートを毎回、模試毎に見直していけば確実に弱点を補強できるはずです。

 

③得点率が5割未満の教科の復習は後回し

特にマーク模試で得点率が5割未満だった試験の復習は後回しにすべきです。

 

5割未満だと解説を読んでもチンプンカンプンで時間の浪費になってしまいます。

 

その試験問題に対しての基礎力が足りていない状態なので復習よりも基礎力の充実に時間を割かなければなりません。

 

次の模試で同じような結果にならないために“何を”“いつまでに”“どこまで”終わらせるべきかを考えて決めていきましょう。

 

これが終わった後でで5割未満だった模試は復習を行っていくといいです。

 

pixta_6531279_M_R

④とれたはずの問題にこだわる

答え合わせをすると、取れた問題(〇だった問題)と取れなかった問題(×だった問題)に分かれます。

 

もちろん、取れなかった問題を復習していくのですがその中でも“とれたははずの問題”“とるべき問題”に集中して復習を行っていきましょう。

 

受験本番も同様ですが“取れたはずの問題”“取るべき問題”をどれだけこぼさずに得点できるかが合否のカギを握ります。

 

次回の模試や受験本番で同じ失敗をしないように参考書などで類題を調べてしっかりと復習を行っていきましょう。

 

⑤ケアレスミスにこだわる

受験生からよく『ケアレスミスでした。次は気をつけます。』というセリフを耳にしますが、ケアレスミスはただのミスです。

 

『気をつけます』だけではまず間違いなく次の模試や本番でも同様の“ケアレスミス”をしてしまいます。

 

よくあるケアレスミスが問題用紙に書き込んだ解答と違う解答を答案用紙に書くという転記ミス。

 

この転記ミスが多い人は必ず転記する際に“指さし確認をする”などの具体的な対策をとっていきましょう。具体的な対策を行わなければ今後ズットおなじようなケアレスミスを繰り返すことになってしまいます。

 

ケアレスミスを防ぐためにも記憶の残っている当日のうちに①「どんなケアレスミスをして」、②今後は「どんな対策を具体的に取るのか」を必ず決めてください。

 

こうすることで、確実に得点を伸ばしていくことができます。

⑥次の模試に向けての目標・計画を作る

pixta_15885710_M_R

模試でうまくいった場合もいかなかった場合も必ず次の模試に向けての課題とその課題克服に向けての計画を立てましょう。

 

この作業を疎かにすると次の模試がただ受験するだけという状態になってしまうので注意。必ず次回の模試に向けての目標を持ちそれに従って計画をたてていくようにしましょう。

 

 

まとめ

 

まとめ

このコラムが頑張る受験生・高校生のお役に立てれば嬉しい(#^.^#)です。 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜にある第一志望合格が目指せる個別サポートの予備校よりお知らせのご案内です

What’s Newコーナーでは、横浜の進学塾である横浜予備校の最新情報のご案内をしております。コースのご紹介や生徒募集のご案内、大学受験に向けた校内の様子、受験生に役立つ勉強法などをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
当校は予備校でありながら集団授業ではなく、個別指導や極少人数指導を基本としております。周囲の雑音が気にならない完全個室でのマンツーマン指導や、最大4名までのプロ講師の目が行き届く授業、オリジナルの学習教材、徹底した学習管理で、手が届かないとおもっていた第一志望にも合格を果たせます。

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る