頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2017/03/02

医学部・難関大に合格した先輩から〇〇を貰おう!横浜予備校

医学部・難関大に合格した先輩から〇〇を貰おう!横浜予備校

こんにちはヽ(^0^)ノ。佐藤です。

今回のコラムでは佐藤がこの時期に横浜予備校の生徒に実行してもらっている重要な作戦?!をご紹介します。

 

それは…

 

 pixta_18862230_M

・参考書を貰おう!作戦

 

卒業式のシーズンがやってきましたね。

 

作戦というには大げさですが、優秀な先輩から参考書を譲り受けようというものです。

 

今後の勉強を効率よくはかどらせる裏技(!?)なので納得した人は是非、実行してみてくださいね。

 

では、「なぜ優秀な先輩から参考書をもらうと勉強がはかどるのか?」の理由を説明しますね。

 

・難関大・医学部合格者の参考書・教科書は宝の山!

pixta_10887156_M

「受験勉強を開始するぞー」と思って、参考書に売り場に行くとたくさんの分かりやすい・見やすい参考書が置かれていますね。

 

もちろん、見やすくきれいな参考書もいいのですが、その参考書にあらかじめ次の様な事が書かれてあったらどうでしょう?

 

①「実は大事な所にマーカーが引いてある…」

 

②「参考書の理解を助けてくれるメモが書いてある…」

 

③「他の参考書からのコピーが貼ってあり参照する手間が省ける…」

 

④「理解を助けてくれる図解がメモしてある…」

 

⑤「高校生・受験生が実際に躓くポイントが書かれている…」 など

 

 

・実は大事な所にマーカーが引いてある…

参考書では太字や赤字になっていなくても、一年間必死で勉強をした難関大・医学部合格者の参考書には「実は大事な所」にあらかじめマーカーがひかれていたりします。

あらかじめ、マーカーが引かれているので効率よく重要ポイントを押さえて勉強していくことができます。

・参考書の理解を助けてくれるメモが書いてある…

数学などでは参考書で抜けている途中式や、英語ではあらかじめ語句の意味や熟語の意味がメモとして書かれていることが多いです。参考書を読んでいて受験生が躓く箇所はとてもよく似ています。躓く部分にあらかじめメモが書いてあるのでより効率的に勉強を進めていけますね。

 

・他の参考書からのコピーがはってあり参照する手間が省ける…

特に社会科や理科は1冊の参考書をメインに据えて情報を集約させながら勉強する受験生が多いです。

 

必要な図や資料のコピーがあらかじめ貼られていれば、図表などを調べる手間が大幅に削減できます。

 pixta_1020206_M

・理解を助けてくれる図解がメモしてある…

言葉だけでは覚えにくい事柄は図や表にして参考書にメモされていることが多いです。

 

言葉だけでは理解できないことに関して、受験生視点でメモがとられているのでとても頭に入ってきやすいという効果があります。

 

・高校生・受験生が躓くポイントが書かれている…

普通に学習を進めていけば躓く点は大体同じような個所になります。

 

医学部・難関大に合格した生徒の参考書にはそういった躓くポイントの理解を助けるメモが書かれていることが多いものです。

 

これを利用すればさらに効率的に勉強を進めることができます。

 

・参考書は必ず優秀な先輩・友達からもらうこと

勉強が苦手な人が使う参考書はラインマーカーだらけだったりします。

 

こういった参考書を貰って勉強してしまうと混乱の元になってしまうので、参考書を貰う時は必ず医学部・難関大学に合格した人からもらってください。

 

優秀な受験生のメモや図解は大変良くできたものが多いです。

 

また、先生目線ではなく受験生目線で情報が書かれているのでとても頭に入ってきやすいです。

 

難関大・医学部合格のために「ここまでやるのか….」とのそのメモや図解、書き込みを見てこれからの1年間で何度も思わされるはずです。

 

 

是非、医学部・難関大に受かった先輩から参考書を貰って勉強をはかどらせていきましょう。

 

経済的にも無料だし、効率面でも良いことが多いので是非、実行してみて下さい。

 

このコラムが頑張る受験生のお役に立てれば嬉しいです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/02/26

誰でも7時間は勉強時間を確保できる!神奈川学園生の相談

誰でも7時間は勉強時間を確保できる!神奈川学園生の相談

3

 こんにちはヽ(^0^)ノ!佐藤です。

 

今回のコラムでは神奈川学園の生徒から「部活が忙しくて勉強時間がとれない…」という相談を受けたので、そこでアドバイスした内容をコラムにしてお届けします。

 

このコラムを読んでかなり勉強時間が取れることを再認識してもらえれば嬉しいです。

 

「受験勉強したいけど、部活が忙しくて…」

 

「自分の勉強したいのに授業があるから…」

って思っている人が多いと思います。

 

環境のせいにせずに知恵を絞って全力を出して勉強していきましょう。

 

・意外と勉強時間が確保できることを知ろう!

2

忙しくて“勉強時間が取れない…”と思っているは是非、

 

1週間でどれくらい勉強時間がとれるかを計算してみて下さい。

 

自分の勉強に費やせる時間が純粋にどれくらいあるのかを知りましょう。

 

この際に、必要な睡眠時間、学校に拘束される時間、部活の時間、お風呂の時間、食事にかかる時間を計算してみましょう(この時間は勉強できませんね)。

 

以下に部活で忙しい受験生の例を書きます。

(例)部活で忙しい人の場合

①必要な睡眠時間

1日7時間×7日=49時間

②学校に拘束される時間

1日7時間×5日=35時間

③部活の時間

1日4時間×6日=24時間

④お風呂の時間

1日30分×7日 =3.5時間

⑤食事にかかる時間

1日1時間×7日=7時間

①~⑤の合計 118.5時間

 

 

1週間は24時間×7で168時間あります。

 

ここから、先ほどの合計時間を引くと

 

168時間―118.5時間=49.5時間

 

スキマ時間をミッチリかつようすれば1週間で49.5時間も勉強時間があることが分かりますね。

 

49.5時間÷7日=1日平均7時間

 

このように計算すると、かなり部活で忙しい受験生も1日平均7時間も勉強に時間がさけることが分かると思います。

 

自分の場合にあてはめてまずは1週間でどれくらい勉強時間を確保できるかを知りましょう。

 

思った以上に多くの勉強時間があることが分かるはずです。

・スキマ時間を上手に使う

かなり多くの勉強時間が確保できると分かったと思います。

 

そこで、自分に毎日定期的に訪れるスキマ時間の確認しましょう。

 

例えば、『通学時間』、『部屋の掃除時間』、『学校の休み時間』などがこれに当たります。

 

これらのスキマ時間で具体的に”何を・どのように”勉強するかを決めていくと勉強がスムーズにはかどります。

 

例えば、徒歩で通学している人は“読む”勉強はできないので“聴く”勉強を積極的に取り入れていきましょう。

 

最近では歴史の教科書をアナウンサーが読んでくれる参考書も売っているのでこれを利用する(文系のひとは絶対に活用してほしい!)とか、英語長文の音声を聞きながら復習をするとか、アプリを利用して暗記したい事柄を自分で吹き込むとかの勉強が出来そうですね。

 

また、トイレ(家族の許可をとって)に暗記したい事柄を張り出して覚えていくのも非常に効果的です。

 

さらに、やっぱり家族に許可をとって自分の動線(自分が家の中で動く場所)に沿って覚えたいものを貼っていくのも非常に効果的です。

 

このようにして、スキマ時間を工夫して徹底的に活用していけば時間を無駄にせずに勉強をすすめることが出来ます。

・そもそも学校の授業時間を大切にしよう

pixta_3154800_M

なんだかんだ言って学校の授業に拘束される時間が現役生は長いです。

 

でも、その授業を「ボーッと」受けてませんか?

 

集中してしっかりと授業を聞き、受験で必要な基礎知識を授業では教えてくれるはずなので、それをその場で覚える。

 

そして、先生が演習時間などを与えてくれた場合にはできれば宿題になりそうなところまで手を付ける。

 

さらに、習ったことを忘れないうちに先生に質問する。

 

この当たり前のサイクルが出来るだけで大きく勉強の効率をあげることが出来ます。

 

高い意識を持って勉強、授業に取り組んでいきましょう。

 

 このコラムが頑張る受験生のお役に立てれば幸いです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/02/21

志望校合格のための合理的な考え方|横浜の大学受験塾

志望校合格のための合理的な考え方|横浜の大学受験塾

 こんにちはヽ(^0^)ノ!佐藤です。

 

今回のコラムでは、横浜予備校で大学受験を目指す生徒に最初にアドバイスする内容を書きました。

 

塾や予備校に行って受け身で勉強しているだけでは医学部・難関大の合格は勝ち取れません。

 

このコラムで紹介する受験生としての”合格に向けての考え方”を参考にしていただけると嬉しいです。

 

pixta_16032182_M

・①明確な志望校を持つ

目標(志望校)が明確な人とそうでない人とではやはり勉強の集中度に大きな開きがあります。

志望校が明確でないと、

 

「ついつい友達の遊びの誘いに乗ってしまい自己嫌悪…」

 

「勉強にとりかかるまでの時間がダラダラと過ぎてしまう…」

 

「集中力がすぐ切れる…」

 

「勉強しないことに言い訳をたくさんしてしまう…」

 

などの弊害が出てきます。

 

志望校がはっきりと決まっていて、そこへ入学するために“なぜ勉強するのか?”という理由を持っている受験生は強いです。

 

できる限り早い段階で情報を収集し第一志望校を決めていきましょう。

 

詳しくは、大学受験の計画の立て方①大学受験の計画の立て方②を参照してください。

 

・②志望校合格のために越えなければならない壁を明確にする

pixta_19903942_M

志望校がきまればそのゴールに向けて越えなければならない壁を明確にしていきましょう。

 

この“壁”には色々なものがあります。

 

時間の壁(部活が忙しくて勉強時間がとれない…)

教科の壁(数学が苦手だけど第一志望校には数学が出る…)

お金の壁(塾・予備校に通いたいけどなかなかそのお金が出ない…)

気持ちの壁(自分の学校は進学校ではないから第一志望校は無理かも…)

 

などです。

 

こういった壁を一つ一つ乗り越えていければ第一志望校合格が見えてきますね。

 

・③得意にしなければならない科目を見つける

例えば第一志望校の配点が

英語 150

歴史  100

国語  100

だった場合、英語を一番の得意科目にしていかなければなりませんね。

 

また、配点が

英語 100

歴史 100

国語 100

のように全く同じだった場合でも、過去問をやってみて英語と国語が6割とれているのに歴史は2割しかとれないといった場合はまず真っ先に歴史を強化すべきだということが見えてきます。

 

特に勉強しなければならない科目が分かれば、そこに勉強時間の多くを割いていけばいいわけです。

 

受験教科というだけでどの科目も均等に勉強してしまうと素点を最大化できないので気をつけましょう。

 

医学部志望の人は私立大医学部受験戦略の記事を参考にしてください。 

 

・④一人じゃない

pixta_18150012_M

受験勉強をしていると一人で戦っている気になりますが、周りには必ずあなたの協力者がいるはずです。

 

例えば、お父さん、お母さん、兄弟、学校の先生、塾の先生など。

 

こういった人たちにどういう協力をしてもらえれば自分の勉強を最大限効率よく進めていけるかを考えていきましょう。

 

人に協力を素直に仰げるようになれば先ほど紹介した様々な壁や苦手科目を得意科目に変える突破口が見えてきます。

 

①~④で思いついたこと、考えたことを紙に書き出していきましょう。そしてそれを肌身離さず持ち歩いて見返すようにすれば勉強へのモチベーションも保つことが出来ます。

 

このコラムがこれから受験勉強を頑張る受験生の励みになれれば幸いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/02/14

やる気アップ大作戦|受験勉強入門|横浜医学部・難関大予備校

やる気アップ大作戦|受験勉強入門|横浜医学部・難関大予備校

こんにちはヽ(^0^)ノ。佐藤です。

 

”やる気”は長い受験というマラソンではある程度コントロールしていかなければならないもの。特に難しい問題に直面することが多い医学部受験生、難関大受験生は心を折られる機会が多いものです。

 

今回のコラムでは横浜予備校でやる気が出ない生徒にすすめている”やる気”の出し方を4つご紹介したいと思います。

 

pixta_21773537_m

・やる気とは?

受験生なのにやる気が出ない…

 

今日も一日やる気がでないまま過ごしてしまった…

 

やる気を出して本気でやらなきゃいけないのは分かっているけど肝心のやる気が出ない…

 

なんてことはありませんか?

 

頭では分かっていてもなかなか出せないのが勉強への”やる気”。

 

この”やる気”をコントロール出来れば、毎日コンスタントに勉強を一定量できるので”志望校合格”へ着実に前進することになりますね。

 

しかし、このやる気がいつまでもコントロールできないままだと勉強がほとんど出来ないまま受験を迎えるという悲惨な結果になってしまいます。

 

このコラムでは誰でも簡単に実行できる”勉強のやる気の出し方”をご紹介します。

 

やる気をある程度コントロール出来る自分になって志望校合格を勝ち取りましょう!

 

・やる気はどこからくる?

“やる気”はどこから来るのでしょうか?

 

その出処が分かれば“やる気”を出すためのヒントになりそうですね。

 

最新の脳科学の研究では”やる気”は脳からでるドーパミンという神経伝達物質と関わりがあるそうです。

 

ドーパミンは「報酬系」とも呼ばれる神経伝達物質でその名の通り何かしらの「報酬」や「快楽」を得た時に放出されます。

 

このドーパミンを出すために勉強前にすぐに出来そうなことを勉強前の儀式にしてみてはいかがでしょうか?

 

ここでは、横浜予備校で生徒に教えている「やる気を出すために」勉強前にやることを勧めている儀式を紹介します。

2

・技術1 自分のテーマソングを持つ

大好きな歌手の大好きな曲を勉強前に歌いましょう。

 

大好きな曲なのでドーパミンが放出され勉強へのやる気も上がります。

 

格闘家のリング入場のときのテーマソングのように勉強という戦いの場へ向かう自分のテーマソングがあればいいですね。

・技術2 「報酬効果」を利用する

自分にノルマを課しそれが達成できたらご褒美をあげるというものです。

「単語を50個覚えきったら、缶コーヒーを買う!」みたいにノルマを達成した自分に毎回ご褒美をあげてみましょう。

 

こうすることで達成感が味わえやる気をコントロールすることができます。

2

・技術3 目標を小さく設定

達成可能な小さな目標を多数設定しましょう。

 

こうすることで達成感をたくさん味わうことができ、ドーパミンを利用してやる気をコントロールしやすくなります。

 

・技術4 To Doリストにチェックを先に入れ達成した気分に浸る

一日でやるべき内容をTO DOリストにします。

 

そして、このTO DOリストの□全てにを入れてしまいましょう。

 

こうすることでTO DOリストが全部終わった時の達成感を擬似体感できドーパミンが放出さされやすい状態を作ることができます。

このコラムがこれから本格的に受験勉強を頑張る受験生の励みになれれば幸いです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/02/09

勉強に集中する技術4選|心を入れ替えた横浜の高校生の相談

こんにちは!ヽ(^0^)ノ佐藤です。

 

学年も節目の時期になり”心を入れ替えて勉強量を増やします!”と言ってくれ高2生から受けた相談をご紹介ます。

 

相談内容

「集中力が全くもちません…。中学受験の時の方が集中力があったと思います。どうすればいいですか?」(-_-;)

 

同じような悩みを抱えている人もきっと多いですよね。

 

「さぁー。心を入れ替えて勉強するゾ!」って思ったのに勉強開始後5分もしたら、なぜか…

 

”お部屋の掃除をしはじめ”、

 

”掃除をしていたら昔よんだマンガが見つかってそれを読み始めてしまったり”、

 

”昔友達と撮った写真が見つかってその友達に電話したり”…

 

なんていう経験はありませんか?

 

今回のコラムでは”集中力が持たない”ときに実践したい4つのメソッドをご紹介します。

 

このコラムが受験勉強に日々励む受験生、高校生のお役に立てれれば幸いです。

                                                                    

勉強に集中する技術4選|心を入れ替えた横浜の高校生の相談

 pixta_11571619_M

 

集中力がもたない原因には次の4つの要因が挙げられます。

 

①単純作業につかれたから集中力が切れた

②姿勢が悪いので集中力が続かない

③視界に誘惑するものがあるから集中力が続かない

④長時間勉強するのに慣れてないから集中力が続かない

 

この他に眠いから集中力が続かないなども考えられますね。眠い時の対策法はコチラを参考にして下さい。

 

集中力が続かないのを放っておいたら大変なこと(=勉強しないことが癖になる)になっていくので、①~④に対する具体的な対策法を考えていきましょう。

 

集中力持続のワザ① 科目を変えてみる

脳の同じ部分を使う勉強ばかりをしていると脳の働きの消耗も激しくなっていきます。

 

なるべく脳の違う部分に働きかけるように【英単語】(暗記系)→【数学】(理解系)→【生物用語】(暗記系)…のように暗記系のものと理解系のものとを交互に組み合わせながら勉強していきましょう。

集中力持続のワザ② 姿勢を変えてみる

「勉強は姿勢から!」という話はよく聞きますね。

 

背筋が曲がった状態で勉強をするとどうしても集中力が持ちません。

 

姿勢をよくする方法は椅子に浅く座り、背筋を伸ばすことです。

 

成績が上位の生徒にはやはり姿勢が良い生徒が多いものです。

 

勉強中の姿勢が悪いと感じている人は勉強中の姿勢を意識的に姿勢を正すところからはじめてもいいですね。

 pixta_22775354_m

 

集中力持続のワザ③ 場所を変えてみる

家では漫画や携帯、パソコンなどがあってなかなか集中できませんね。

 

そういう場合は、図書館や予備校の自習室(横浜予備校の生徒はドリンクバー、コピー機つきの自習室を利用しよう!)を積極的に利用しましょう。

 

また、予備校の自習室では可能なら先生に携帯電話を預かってもらいましょう。

 

自分の周りに勉強以外の誘惑物を置かないことです。

 

集中力持続のワザ④ 時間を変えてみる

 1

勉強に慣れていない人がいきなり2時間集中して勉強することはなかなか難しいです。

 

2時間集中して勉強する自信がない人は「15分勉強して、5分休む」を繰り返してみましょう。

 

2時間は遠いゴールだけど、15分なら近いゴールで集中力がもちそうですね。

 

非現実的なゴールを目標とするのではなく現実的なゴールを目標とすることで集中力を持続させることができます。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜予備校
http://www.yokohama-yobikou.jp/
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F
TEL:045-250-3915
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜にある第一志望合格が目指せる個別サポートの予備校よりお知らせのご案内です

What’s Newコーナーでは、横浜の進学塾である横浜予備校の最新情報のご案内をしております。コースのご紹介や生徒募集のご案内、大学受験に向けた校内の様子、受験生に役立つ勉強法などをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
当校は予備校でありながら集団授業ではなく、個別指導や極少人数指導を基本としております。周囲の雑音が気にならない完全個室でのマンツーマン指導や、最大4名までのプロ講師の目が行き届く授業、オリジナルの学習教材、徹底した学習管理で、手が届かないとおもっていた第一志望にも合格を果たせます。

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る