TEAP対策なら横浜予備校

TEAPは上智大学と英検協会が開発した英語のテストです。
このTEAPを入試に採用している関東の有名大学には上智大学、立教大学、中央大学があります。また、関西では立命館大学、関西大学がこのTEAPを採用した試験を行っています(詳しい内容は各大学のホームページをご覧ください)。ここでは、上智大学の例をとってその特徴をお話しします。

上智大学の場合、各学部・学科が要求するスコア(例えば神学部90、法学部法律学科100、理工学部90など)をクリアすれば2月の本試験で英語を受験する必要がなくなります。また、基準点さえ満たせれば点数自体は入試に反映されません。これは、英語が得意ではない生徒にとってはうれしい試験です。

普通の試験は一発勝負ですが、TEAPはチャンスが年に3回。つまり、3回のうち1回でも基準点をクリアできれば出願資格が得られるわけです。これも英語が得意ではない受験生にとっては嬉しいところですね。

特徴1と特徴2を考えるとやはり英語が苦手な生徒にとっては嬉しい試験ですね。基準点をクリアすれば2月の試験に向けて国語・社会又は、数学・理科に英語の分の勉強を注げるもの魅力です。

【難易度は?】

決して簡単なテストではありませんが難関大学合格を考えているならクリアしなければならない程度の試験です。問題のサンプルが
http://www.eiken.or.jp/teap/construct/
で公開されてますのでTEAP入試を利用しようと思っている受験生は是非一度解いてみてください。

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る