頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2019/01/18

東京医科大学入試問題『化学』2018攻略法|横浜の医学部予備校

3

 

現役の国立医大生に東海大学医学部2018年度の実際の入試問題を解いてもらい、
各問題の率直な感想をもらい、問題分析をしてもらいました。
受験生の立場に非常に近い現役医大生の感想なので受験生の立場に近い感覚だと思います。
是非、参考にしてください。このコラムが受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

東京医科大学入試問題『化学』2018攻略法|横浜の医学部予備校

私大医学部の問題の入試分析と対策(2018年度、東京医科大学 化学)


・3教科で400点満点
・偏差値は67.5程度
・大問にして4つ、小問にして26問
・全体の難易度は易~難で、完答は難しいため、得意な分野から取り掛かるようにして、苦手な分野は一部分だけでも解くようにするなど、解ける問題から確実に解いた方が得点は上がる
・技能・知識はセンター試験レベルのものと同等かそれよりやや難しい

以下、✩~✩✩✩で難易度を表します。
✩の数が増えるほど、難易度が高くなります。


第1問 

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩ (4)✩✩ (5)✩✩

この大問は、物質の構造と状態に分類される問題を集めたものです。難易度はそこまで高くはありませんが、問題文がとにかく個性的でしたね。「次の問1~5の各群の①~⑤の中には、正しい文が一つあるか、一つもないかのいずれかである」だなんて、どっちなんだ!とツッコミを入れたくなります。つまりは、「しっかりと理解しているか試させてもらうよ」ということなのです。曖昧な文章で問題を提示する理由は、理解度の高さを確認するためのものなのです。問題の内容は化学の本当の基礎の部分なので、教科書内容を理解していると十分に対応できると思いますだからこそ、この大問で得点できなかった受験生は、再度教科書を見直して、「ただ内容を暗記しているだけで、理論や現象の実際を理解できていないのではないか?」と自身の知識に疑いを持ってください。この大問では、資料集や問題集のまとめ文章よりも、教科書を細かいところまで読み込んでいることの方が重要なようです。

 

第2問

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩✩ (4)✩✩✩ (5)✩✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩✩ (8)✩✩✩

この大問では、固体の溶解度、反応熱、中和滴定を含んでいます。内容は複雑ではなく、センター試験レベルから私立レベルといったところでしょうか。計算問題なので、とにかく丁寧に解くことが重要になります。選択肢も多く、勘ではなかなか正解できないので、計算ミスをしないように解き進めることがカギとなります。
この問題に限らず、固体の溶解度、反応熱、中和滴定の問題でぜひ頭の中に入れておいてほしいのは、指示薬の種類や物質の色です。指示薬の種類が多いことには理由がありますし、その実験でその指示薬を使う事にも理由があります。つまり、指示薬の特徴をつかんでいるだけで、その反応の大体の特徴がわかるのです(pHなど)。指示薬は多くてややこしいですが、整理して本番までに頭に叩き込みましょう。そして、物質の色ですが、これは何度も言っても足りないくらいに大切です。反応によって生じた物質を考える際に、ヒントとして物質の色を与えられることがあります。その色を聞いても「えっと…だから何?」とならないよう、物質の色は名称とセットで覚えておきましょう。

第3問

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩✩ (4)✩✩ (5)✩✩ (6)✩✩✩ (7)✩✩✩

この大問では、金属イオンの反応、水溶液の電気分解を含んでいます。見てください、また物質の色に関する問題が出てきました。しかも、今回は色がヒントなのではなく、色自体を答える問題でしたね。つまり、物質を単にわかっているだけでは足りないということ。色まで正しく覚えておきましょう。そして金属イオンの反応、水溶液の電気分解については、化学では避けては通れない道です。この分野が苦手だと大変ですから、ぜひとも克服を!

 

第4問

(1)✩ (2)✩ (3)✩✩ (4)✩✩✩ (5)✩✩✩ (6)✩✩✩

この大問では、芳香族炭化水素、高分子化合物を含んでいます。芳香族化合物の難しいところは、分子式がわかってもそこから形までを特定するのが困難であるところですよね。o位、m位、p位の違いにまで気を遣って特定することが求められます。また、物質の名称だけでなく性質まで理解していないと解けないような問題がありました。芳香族化合物の分野以降は、学習した時期からあまり経っていない受験生も多く、理解が乏しい方もいらっしゃるでしょう(実際に私もそうでした)。しかし、この分野は内容を理解するだけで暗記しなくても解けてしまうようになります。

 

対策としては、理解を深めるために、基礎の問題から始めて難易度をあげていくことです。最終的には国公立大学の二次試験の問題も、解説を見れば理解して納得できる、そしてその問題を解き直した時には解けるようになっておきましょう。この分野の問題は、解説を読み込むことで、反応の条件が見えてきます。ただひっついたり離れるわけではありません、解説を読んでいると反応が起こった条件をつかめるようになります。その結果、正解することができるようになるでしょう。

 

2018年度の東京医科大学入試を、完璧に解ける人はかなり少ないように感じます。

 

特に数学や物理は難易度が高かったのですが、それに比べるとまだ化学は得点しやすい科目のように感じました。解ける問題からとりかかるのはもちろんのことですが、化学は特に、自身で得意な分野・不得意な分野がわかっていると思います。苦手な分野は当然後回し、出来るところからできる分だけ解いていきましょう。また、解答はマーク式なので、時間配分に気をつけて、終了五分前には空いているところを埋めることは忘れないでくださいね!同じ大学であれば好んでいる解き方や分野はありますので、入試本番でも模範解答の解き方は役に立つ可能性は高いです。ぜひその視点で過去問を分析してください。

 

入試問題は制限時間にシビアです。そのような状況では、解く順番が重要になります。順番を選ぶ基準としては、確実に得点できそうだと感じたものから解き、その中でも時間がかからなさそうなものから優先的に解きます。もちろん、得意な分野不得意な分野は人によって様々なので(理科科目は得意な分野とそうでない部分がはっきりしていると思います)、自分の中で解く順番を決められればいいです。ただし、決める際の基準は「確実に得点できるか?」「短時間に解くことができるか?」になりますので、テスト開始後にはまず全体に目を通してどの問題から解くかを瞬時に判断しましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る