頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2019/01/18

東京医科大学入試問題『英語』2018攻略法|横浜の医学部予備校

1

 

現役の国立医大生に東京医科大学医学部2018年度の実際の入試問題を解いてもらい、
各問題の率直な感想をもらい、問題分析をしてもらいました。
受験生の立場に非常に近い現役医大生の感想なので受験生の立場に近い感覚だと思います。
是非、参考にしてください。このコラムが受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

東京医科大学入試問題『英語』2018攻略法|横浜の医学部予備校

私大医学部の問題の入試分析と対策(2018年度、東京医科大学 英語)


・3教科で400点満点
・偏差値は67.5程度
・大問にして5つ、小問にして28問
・全体の難易度は易~難で、完答は難しいため、得意な分野から取り掛かるようにして、苦手な分野は一部分だけでも解くようにするなど、解ける問題から確実に解いた方が得点は上がる
・技能・知識はセンター試験レベルのものと同等かそれよりやや難しい程度で、得点は比較的しやすい

以下、✩~✩✩✩で難易度を表します。
✩の数が増えるほど、難易度が高くなります。


第1問 

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩ (4)✩✩ (5)✩✩

この大問は、アクセント問題で構成されていました。この大問の難しいところは、単語の内数個があまり親しみのないものだというところ。アクセント問題のために特別対策をするというよりも、英文を聞いたりすることでアクセントの対策にする程度にした方がいいと思います。アクセント問題は他の大学ではあまり出題されませんし、他にもいくつかの大学を受けるのであれば、アクセント問題よりも文法事項をより詳細に理解していきましょう。

第2問

(6)✩ (7)✩ (8)✩ (9)✩✩ (10)✩✩

この大問では、英文法に関する知識が問われています。この大問はとにかく解くのに時間がかからないところです、ササッと解いて他の大問(第1問や第3問以降)に時間を割きましょう。簡単な文法問題もありますが、ややこしい文法もありますので、満点は難しいかもしれません。簡単な問題はなるべく短時間(30秒から1分程度)で解き、ややこしい問題ではもう少し時間をかけて細かいところにまで注意をして解くことで、満点に近づきます。長文が苦手な方はここでしっかりと時間をかけて得点することで合格点に近づきます。

 

第3問

(11・12)✩ (13・14)✩✩ (15・16)✩✩✩ (17・18)✩✩ (19・20)✩✩✩

この大問では、整序英作文を解きます。整序英作文を解くコツとしては、いきなり前から並べようとしないことです。ある程度の熟語を作ってからそれを入れ替える形で、一番ぴったりくる形を選ぶと正解しやすくなります。そして、根拠をもって並べ替えをしてください。主語の後だから動詞がくる、他の部分が過去のことを言っているからこの動詞をここにもってくる、助動詞だから主語と動詞の後に置く、などのように根拠を考えてください。一番ぴったりな順番というのは、フィーリングではありません(どうしてもわからない時にはフィーリングも大切ですが…)。会話文ではなく入試問題ですので、必ずと言っていいほど文法事項にそった問題が出題されています。他の人に追及されないよう、きれいで正しい文法で文章を構成することを意識しましょう。

第4問

(A)✩ (B)✩✩ (C)✩✩ (D)✩✩✩ (E)✩✩✩

この大問は英語の長文です。長文でありながらセンター試験などと比べるとたいして長い文でもなく、段落でも区切ってくれているので比較的読みやすい文章だったと思います。内容も堅苦しくはなく、変わった英単語もなかったです。

 

対策としては、Aはいっそのこと、右に簡単な和訳をつけた方がいいかもしれません。毎回上から内容を和訳しながら確認するのは時間的にも困難です。ですから、簡単に日本語にしておくことで確認するのに時間がかからないようになります。Bは中々に苦手な受験生も多いのが実際です。しかし、問題の内容は難しくはありませんので、苦手な人でも解ける問題は得点しましょう(わからない単語に出会って解答を迷っていても思いつくわけでもないし仕方ないので、「わからない!」と思ったらとりあえずでもいいので答えを選んで、すぐに次の問題にうつることを忘れないでください)。Cは単語の意味がわからない時にはBと同様答えを思いつくことは難しいですので、とりあえず答えを選んで、次の問題に。Dは前置詞の問題ですね。前置詞にはそれぞれ大まかな意味があります。それぞれの前置詞の持つ意味を知っておくことで得点はしやすくなります。Eに関しては対策する方法をここでは述べず、第5問で述べます。

 

第5問

✩✩

この大問は英語の長文です。全体的に難しくはない文章で、しっかりと読めていれば解くのは簡単です。しかし、文章が長く、解答までにかなりの時間を要するため、その点においては得点が難しい問題と言えるでしょう。また、完答もやや難しいと言えますが、0点にはなり辛いと思われるレベルです。先に設問を読んで簡単に和訳をしてから本文を読み、ヒントになりそうな部分をマークしながら読むようにしてみてはどうでしょうか。




2018年度の東京医科大学入試を、完璧に解ける人はかなり少ないように感じます。特に数学や物理、化学は難易度が高かったのですが、それに比べるとまだ内容もセンター試験に出そうなものもありますので、英語は得点しやすい科目のように感じました。苦手な出題形式は当然後回し、自分が得点出来るところからできる分だけ解いていきましょう。長文は特に時間がかかりますので、アクセント問題、文法や整序英作文から解いていくことをお勧めします。また、解答はマーク式なので、時間配分に気をつけて、終了五分前には空いているところを埋めることは忘れないでくださいね!同じ大学であれば好んでいる解き方や分野はありますので、入試本番でも模範解答の解き方は役に立つ可能性は高いです。ぜひその視点で過去問を分析してください。

 

入試問題は制限時間にシビアです。そのような状況では、解く順番が重要になります。順番を選ぶ基準としては、確実に得点できそうだと感じたものから解き、その中でも時間がかからなさそうなものから優先的に解きます。決める際の基準は「確実に得点できるか?」「短時間に解くことができるか?」になりますので、テスト開始後にはまず全体に目を通してどの問題から解くかを瞬時に判断しましょう。今回であれば、私なら前から解き進めますが、それは長文に時間を割くことが自明だからです。しかし、得意分野が長文なのであれば、そちらから解いてもいいと思われます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る