頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2016/08/14

基礎からの大学受験英文法講義~第5文型の考え方~

今回のコラムでは第5文型の理解とそのポイントをお伝えします。英文法の苦手な方への一助になれれば幸いです。

勉強得意 (1)

苦手に効く!0から始める大学受験英文法②

目次今週のテーマ ==動詞の語法==
~(3)SVOC型をとる動詞 その1

1.基本の解説
2.演習問題
3.演習問題 解答&解説

 

ガッツポーズ

1.基本の解説 SVOC型をとる動詞 その1

前回までに、SVC型をとる動詞とSVOO型をとる動詞の勉強をしてきたね。

 

今回は、SVOC型をとる動詞を勉強していきましょう。

 

SVOC型をとる動詞はダントツで出題頻度の高い項目なんだ。

 

何で、そんなに出るのかというと最も考え方が難しい文型だからなんだ。

 

最初に、SVOCのCに注目していこう!

 

このCにはいろいろな形があるんだ。だから、Cに来れるものの形から確認していこうね。
 

ポイント

★★ポイント1★★ 

SVOCのCの様々な形
 
 

S + V + O + C  = [1.名詞]
[2.形容詞]
[3.to+動詞の原形]
[4.動詞の原形]
[5.現在分詞(Ving)]
[6.過去分詞(Vp.p]

 

ポイント1のようにCの形は全部で6つもあるんだ。

 

さらに、第5文型を考える時には、

 

OとCの間に「OはCである」または

 

「OがCする」という文が隠れているんだいうことを意識することが大事。

 

この隠れている文を見抜くことがとても大事なんだよ。

 

では、その隠れている文の作り方・見抜き方を勉強しよう。
 
 

ポイント

★★ポイント2★★ 

OとCの間に隠れた文の作り方

 

Cの形によって、隠れた文の作り方は全部で2通り!

 

[パターン1]Cが名詞・形容詞・現在分詞・過去分詞の時

SVOCのOとCの間にbe動詞を入れて文を作ってあげる!!

(例1)

We   found    him   reading the book. 
 S     V   O         C

OとCの間にbe動詞を補って、

He [was] reading the book.
「彼はその本を読んでいた」

上のような”進行形の文”ができる。

 

(例2)   

Do   you    want    this box   opened? 
   S    V      O     C

OとCの間にbe動詞を補って、

This box is opened.
「この箱が開けられる」

上のような”受け身の文”ができあがる。

 

[パターン2]Cがto+動詞の原形・動詞の原形の時

SVOCのOとCの間にO + Vの文を作ってあげる!!

 

(例3)

 I    want     you     to cook some eggs.
 S     V    O           C

toをとって、OとCの間に文を作ると、

You cook some eggs.
「あなたが卵を料理する」

上のような”普通の能動態の文”ができる。

 

(例4)

 I   saw  him   enter the store.
 S   V   O            C

そのままOとCをつなげて、

He entered the store.
「彼がその店に入った」

上のような”普通の能動態の文”ができる。
 

 

ポイント2のようにOとCの間に文をつくることができたら、

 

後は「Sは<OがCする(である)>のをVする」と訳してあげればいいからね。

 

決して、きれいな訳にはならないけど今は意味が自分で分かればいいと思って下さいね。
 
 

ポイント
★★ポイント3★★ 

SVOCの訳し方
 

(1) OとCの間にポイント2のように文を作る。
(2) ポイント2で作った隠れた文(OがCする・である)を「Sは<OがCする・である>のをVする」にあてはめて訳す!!

 

ポイント3を使って、ポイント2の(例1)~(例4)までを訳すと次のようになるね。

(例1)We found him reading the book.

隠れた文<He was reading the book>「彼がその本を読んでいた」を当てはめて、「私達は<彼がその本を読んでいた>のをみた」って考えればOK。

 

(例2) Do you want this box opened?

隠れた文<This box is opened>「この箱が開けられる」を当てはめて、「あなたは<この箱が開けられる>のを望みますか」→「あなたはこの箱を開けてもらいたいですか」という風に考えればいいね。

 

(例3)I want you to cook some eggs.

隠れた文<You cook some eggs>「あなたが卵を料理する」を当てはめて、「私は<あなたが卵を料理する>のを望む」→「私はあなたに卵を料理してもらいたい。」でいいよね。

 

(例4)I saw him enter the store.

隠れた文<He entered the store.>「彼がその店に入った」を当てはめて、「私は<彼がその店に入った>のを見た」となるよね。

 

これらの訳し方からわかるようにCに何がくるかによって、隠れている文の形がわかるんだ。これを下にまとめるね。
 

Cの形とそれが表す意味

●Cが名詞・形容詞なら 「OはCだ」の文が隠れている
●Cが現在分詞なら 「OはCしている」の文が隠れている
●Cが過去分詞なら  「OがCされる」(受け身)の文が 隠れている(完了の意味が隠れている場合もあるが今は無視していいよ!)
●Cが(to+)動詞の原形なら 「OがCする」(能動態の文)が隠れている

 

以上で、OとCの間に隠れた文の見破り方とその訳し方の説明を終わるね。

 

次に、よく出る第5文型をとれる動詞を確認していこう!

 

最初に書いたように、第5文型のCの形は全部で6種類あるんだったよね。でも、すべての動詞がこの6種類のCをとれるわけじゃないんだ。だから、第5文型をとれる動詞をそのCの形とセットで覚えるようにしていくことが大事! 
 
 

ポイント
★★ポイント4★★ 

第5文型をとる動詞を覚える時の注意点!!

 

SVOCのVとCをセットで覚えること!!

 

 

じゃあ、ポイント4を踏まえて第5文型をとれる動詞のリストを示していくね。特に、Cに動詞の原形がこれるパターンは頻出だからしっかりと押さえておこう。

 

Cの位置に動詞の原形やto V(原)・Ving(現在分詞)・Vpp(過去分詞)が来る動詞がよく聞かれるので、このパターンをまとめて覚えてしまおう!
 

ポイント
★★ポイント5★★ 

第5文型をとる動詞

 
VとCをペアーで覚えること!

 

SVOCのVとCのペア

             ――――――――――Cの形――――――――――

 

動詞の原形~

to V~ Ving~ Vpp~
1.see「見る」  
2.hear「聞く」  
3.feel「感じる」  
4.have「させる」    
5.make「させる」    
6.let「させる」      
7.help「助ける」    
8.get「させる」    
9.want「望む」    
10.keep「保つ」    
11.leave「放っておく」    
12.find「分かる」    
13.catch「捕まえる」      
14.force「させる」      
15.cause「引き起こす」      
16.enable「可能にさせる」      
17.tell「言う」      
18.allow「許す」      
19.advise「忠告する」      
20.order「命令する」      
21.expect「期待する」      
22.ask「頼む」      
23.encourage「勧める」      
24. lead「引き起こす」  

   

 

 

 

結構多いようにみえるけど、一週間こまめに一日3回位チェックしたらちゃんと覚えれるからね。頑張って覚えてみよう!これが、きちんと覚えれたら整序作文にも強くなれるゾ!

では、ここまでの話をもう一度簡単にまとめておくね。
 

ポイント
★★ポイント6★★ 

第5文型をとる動詞のポイント

 

(1)OとCの間に隠れた文を作ること!
(2)VとCの形をセットで覚えること!
(3)訳し方は「Sは<OがCする・である>のをVする」

以上の3点をきっちりとおさえようね!
 

 

では、問題演習に移る前に第5文型に関する問題の着眼点と解法をポイントに示すね。
 

ポイント
★★ポイント7★★ 

第5文型の問題の解法

 

[種類] 
(1)OとCの関係からCを選ばせる問題
(2)VがとれるCの形を問う問題(または、逆にCの形からVを選ばせる問題)
(3)(1)と(2)の混合型

 

上のように3つの型に分類することができる。
(1)の場合はOとCの間に隠れた文を作って考えること。
(2)の場合はポイント5をきっちり押さえておくこと。
(3)の場合が一番難しい。でも、(1)と(2)の作業を順番にこなせれば簡単に解けるよ。

 

 ガッツポーズ

2.演習問題

 

◆1.(昭和女子大学)
難易度:★★☆☆☆
Tom looked happy. He said “(      ) me buy you a drink”.
(1)Cause (2)Let (3)Permit (4)Allow

 

◆2.(和洋女子大学)
難易度:★★☆☆☆
I got Tom (      ) my shoes.
(1)mend (2)to mend (3)to mending (4)on mending

 

◆3.(山梨学院大学)
難易度:★★☆☆☆
You can neither please everyone nor (       ) everyone to like you.
(1)make (2)have (3)get (4)keep

 

 ガッツポーズ

3.演習問題 解答&解説

先生

◆1.まずは、構造分析から。。。
 

“(        )  me  buy you a drink”
     V   O           C

 

OとCの間には、I buy you a drink.「私があなたに1杯おごる」っていう文が隠れてるね

 

まず、この問題は問題文が第5文型であることを見抜かなくちゃいけないね。これを見抜いた上で、Cに原形をとれる動詞を選んであげよう(ポイント7)。

 

すると、選択枝(1)Cause,(3)Permit,(4)AllowはCに原形をとれないからこれらを一気にはずせるね。よって、正解は(2)Letとなるよ(ポイント5を参照)。

 

先生

◆2.これもやっぱりまずは構造分析からいこうね。
 

I  got  Tom  (        ) my shoes.
S  V   O        C

 

問題1はCの形からVを選ぶ問題だったけど、今回の問題は逆にVの形からCを選ぶ問題だね。

 

つまり、getはCにどの形をとれるかを聞いている問題だね(ポイント7)。

 

ポイント5よりgetがとれるCの形はto+動詞の原形・過去分詞だから、選択肢(1),(3),(4)が一気にはずせるね。よって、正解は(2)to mendになるゾ。

 

また、OとCの間に隠れている文はTom mended my shoes.「トムが私のクツをなおした。」だね。

 

先生

◆3.neither A nor B「AもBも~ない」っていう表現は知ってるよね。

 

このAとBには文法上・意味上等しい関係のものがくるんだ。Aが動詞ならBも動詞っていうふうにね。さらに、norは等位接続詞のand/or/butの仲間なんだ。だから、問題文は次のように分析できるね。
 

You   can neither   please   everyone 
   S      V      O
nor
(       )  everyone   to like you
   V      O   C

 

everyoneとto like youの間にEveryone likes you.という文が隠れているね。

 

今回は、Cにto+動詞の原形をとれる動詞を選択肢の中から選べばいいね(ポイント7)。

 

選択肢の中でCにto+動詞の原形をとれるのは(3)get(ポイント5)のみ。よってこれが正解。

 

☆☆正解と訳☆☆
1.(2)
(訳)「トムは幸せそうだった。彼は”僕に一杯おごらせて”と言った」
2.(2)
(訳)「私はトムにクツをなおしてもらった。」
3.(3)
(訳)「すべての人を喜ばせることもすべての人に自分を好きにならせることもどちらもできない。」

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る