頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2020/03/22

過酷な私大文系入試で奇跡的合格実績を残した、文系学部にも強い横浜予備校の国語指導!

年々、難易度を増す私大難関校(特に文系)の入試。

 

横浜予備校の2020年度の文系学部の合格実績をほんの一部ご紹介します。

合格

 

勉強苦手からスタートをした10名の生徒たちがどのように成績を上昇させていったのか?国語の指導法に焦点をあててご紹介いたします。奇跡の大逆転を支えた国語指導を是非、参考にしてください。

 

 「国語って何をどう勉強したら良いのだろう」と、もやもやしている人も多いかと思います。以下の内容を参考にして、国語の成績を効率的かつ着実に上げていきましょう。

 

① 「予習→授業→復習→復習の確認」の明確なサイクル!

 

 現代文の予習では「構造図」「解法」の図示を徹底します。予習プリントを配布し、そこに本文の展開や解答に至るプロセスを書き込んできてもらいます。

 

現代文 チャート

 

そして授業では、講師が書く「構造図」と「解法」を板書してもらいます。あらかじめ考えているので、「先生はこう書くのかぁ」と、知的好奇心が刺激されて、決して「ただ書き取っているだけ」にはなりません(もちろん苦手な人は最初のうちは書けなくても大丈夫。授業を受けながら、徐々に書けるようになることを目指しましょう)。

 

現代文要約

 

 古文読解の授業の予習では「主語目的語、会話心中文、指示語の指示対象、の明確化」を徹底します。古文読解で大事なのは、実は全訳ではありません。省略された主語目的語の補足や、会話文心中文がどこで始まりどこで終るのか、指示語が何を指しているのか、を明確にすることがとにかく大事です。授業では、単語文法の確認よりもむしろ、とにかくこの3点について質問するので、予習でも必然的に考えることになります。

 

 そして復習。現代文でも古文でも、復習で大切なのは「教えること」。なんとなく見返して分かった気になっても、あまり効果は期待できません。おすすめの復習法は、小さな人形を手に入れ、その人形に教えるという方法です。「問三は、~~~に着目するから⑤が正解になるんだよ」とか「ここはこういう理由で主語は~~~になるんだよ」と人形に語りかけるのです。最初は戸惑いますが、すぐに慣れます。やがて人形に愛着が湧き、自分の思考を受け止め続けた存在として、受験会場に持っていくことになります。人形は最終的に守り神となり、試験中、非常に心強い存在となりますよ。

 

 そして最後は「復習がちゃんとできているか」の確認です。次回の授業の冒頭で、前回学習した内容について簡単に質問します。そこで講師に教えることで、復習完了。また次の問題へ、という流れになります。

 

 以上4つのサイクルを、ひたすら繰り返していきます。ここで大切なのは、いま説明したサイクルはまさに〝極〟少人数制という横浜予備校のシステムだからできるということです!!他塾にはない横浜予備校の「予習→授業→復習→復習の確認」のサイクルで、国語の成績を効率的かつ着実に上げていきましょう!!

 

② 明確なのは「授業」だけじゃない!

 

 横浜予備校の魅力はもちろん「授業」だけじゃありません。授業が「質の学習」なら、自習は質に磨きをかける「量」の学習。自習は原則として参考書を用いて行いますが、その参考書選びがなかなか難しいですね。書店で気付いたら1時間以上立ちっぱなしという経験はありませんか??

 

 そこで登場するのが横浜予備校です。講師はそれなりに参考書マニアですので(笑)志望大学、現在の学習レベル、受験までの時間を考慮して、参考書の学習計画を立てます。そして進捗状況を「毎週」確認します。この「毎週」というのがポイント。かりに「一ヶ月後」を締切にすると、結局、締切間近に慌てて取り組むこととなり、かえって効率の悪い学習となってしまいます。毎週進捗状況を確認して、進め方について適宜アドバイスもするので、効率的に着実に、安心して学習を進めることができます。

 

③ 小テストはハマトレで!

 

KIMG0235 (1)

 

 横浜予備校の授業時間には、原則として漢字テストや単語テストといったいわゆる「小テスト」は含まれません。知識の確認は別途時間(通称「ハマトレ」)を設けて行います。このハマトレは国語受講者だけではなく、受験で国語を使う人は全員参加可能です。したがって授業は〝極〟少人数制ですが、ハマトレは場合によっては5名以上となるため、みんなと一緒に取り組んでいるという連帯感、そしてライバルに負けまいという競争意識も生まれます。この「個」だけにとどまらない、「個」と「集団」の絶妙なバランス感も横浜予備校の魅力の一つです。

 

 毎週のメニューは、現代文は漢字とキーワード、古文は古文単語、古文文法、古文常識、文学史、和歌修辞、漢文は句形、単語のなかから、生徒の受験型や志望大学、学習状況に応じて決めていきます。

 

 ハマトレを真面目にこなしていれば、いつも間にか知識は盤石になっています。

 

 以上、横浜予備校の国語の特徴をお伝えしました。横浜予備校には、みなさんの国語の成績をあげる、明確なシステムが準備されています。とはいえ究極の魅力は、やはり「人」です。どんなに素晴らしい学習環境もシステムも、それだけでは成績は上がりません。安心して学習を進めて行けるようサポートする「人」の存在。これが一番重要です。横浜予備校の講師は「教える人」というより「導く人」です。みなさんが最高の結果を得られるよう最後まで伴走します。是非とも横浜予備校にいらして下さい。

 そして最後に、一緒に笑いましょう!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2020/03/19

横浜予備校の合格体験記:苦手科目の国語を一番の武器にして氷取沢高校から明治大学に現役合格!

受験からくるプレッシャーから精神的に追い詰められた時期もありましたが、そのプレッシャーをがむしゃらに勉強に打ち込むことによって克服しました。感情を何とか抑えながら一生懸命に勉強していた姿が印象的です。合格おめでとう!!!

 

合格体験記

進学先 

明治大学商学部

[R・Kさん 氷取沢高校出身]

 

image

 

私は高2生までは大手予備校に通っていました。その時は授業にほとんどついていけず、授業が終わるたびに落ち込んでいました。

 

横浜予備校は1クラス最大4名(ほとんど2~3名でした)の少人数制の授業で一人ひとりに合わせた授業をしてくれました。基礎ができていなかったので、とても助かりました。

 

特に国語が一番の苦手で、模試の結果も悪かったのですが、少人数制の集団授業ではありましたが私は1人クラス(なんと集団なのに個別だった!!)だったため、授業では直前まで志望校の対策をしてもらえたので自信をもって受験できました。

 

受験が終わって、第一志望校は不合格でしたが、結果がすべてではない、と横浜予備校に通って思うようになりました。

 

私はメンタルが弱く、すぐに挫折しそうになっていましたが、どんなときにもフレンドリーに接して私を支えてくれた塾の先生たちのおかけで、精神的にも本当に大きく成長できたと思います。

 

大学受験は人生の通過点でしかありません。これからも自分の目標に向かって頑張っていきたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020/03/14

横浜予備校の合格体験記:一橋大学商学部合格。苦手科目はプライドを捨てて基礎に戻り、得意科目は先生とマンツーで学習して最強の武器に!

入塾面談の時に「しっかりと腰を落ち着けて勉強する!」という覚悟がひしひしと伝わってくる生徒でした。得意な社会はもっと得意に、そして、苦手だった英語も得意科目にして第一志望校合格を勝ちとりました。科目数が多い中、本当によく頑張りました。合格おめでとう!

 

合格体験記

 

進学先

 

一橋大学商学部

[D・M君 既卒]

 

image

 

  • 横浜予備校に入る前の私(現役時代)

僕は高校時代、友人と遊んだり部活や文化祭に打ち込んだりしていて、ちっとも勉強していない、いわゆる落ちこぼれでした。特に苦手科目だった英語は学年で下から数えて何番目のようなひどい有様でした。そんな状態で受験直前に焦って勉強したところで結果は見えていて、結局私は浪人することになってしまいました。

 

  • 横浜予備校に入塾した理由

現役時代の僕は大手予備校に所属していました。確かにそこでの授業は刺激的なものも数多くあり、収穫はあったと思います。ですが、勉強の基礎的な要素、例えば予習・復習・演習といったもの、を疎かにしていてちっとも内容が定着していないことに振り返って気づきました。このままでは同じことを繰り返す一年になるかもしれないと漠然と不安に感じていたときに、横浜予備校に出会いました。横浜予備校は”極”少人数制をコンセプトにしています。僕は自己管理が苦手で、面倒くさがりでもあるので、少人数という環境のほうが先生に気軽に相談や質問しながら勉強を進められるのでは、と考えました。また前述の通り英語が大の苦手だったので、プライドは捨ててわからないところまで一度立ち返って勉強したいと思っていました。そして横浜予備校のスタイルならそれができるのでは、という点でも魅力に感じました。もう一点、強くあったのが、きちんと場所を決めて勉強したいという想いです。大手予備校では講習や授業ごとに校舎が違います。こうなると私の場合勉強に気が散ってしまうし、移動時間・経費がもったいないと感じていました。そこで横浜予備校に居を構えて、一年勉強してみようと覚悟を決め私の浪人生活が始まりました。

 

  • 横浜予備校での受験勉強

私の浪人生活は不安で一杯でした。なにせ志望校と現状の学力があまりにもかけ離れていたのです。しかし、先生方は私に合格するための説得力のあるメソッドを提供してくれました。英語は単語や文法のレベルから復習し先生と進捗具合をチェックしながら進め、最終的に志望校に求められるレベルを示してもらっていたことで、着実に力がついてきていることを感じることができました。一方で、得意だった世界史では志望校合格に必要な論述力など発展的な内容を扱ってもらいました。このように横浜予備校では個人個人で自分の合格までの論理的な道筋が与えられたので、モチベーションを維持しながら勉強することができました。さらに、自習室が1人に1席確保されていたことで勉強に集中する環境ができ、授業で与えられたエッセンスをきちんと復習して自分のものにすることができました。また、ハマトレの時間では授業の復習・演習のほか、日々の勉強で躓いたところなどを積極的に質問することができたので、分からないところをそのままにしない姿勢が身についたとも思います。先生や同じく高いレベルを目指していた人との距離も近かったので、切磋琢磨しながらまさしく勉強漬けの日々を送っていたと思います。ときには息抜きにみなとみらいを散歩してリフレッシュしてた時もありました(笑)。

 

  • 大学受験が終わった感想

横浜予備校で勉強していくなかで、成績が伸び悩んだ時期もありましたが、それでも次第に志望校のレベルで戦える力をつけることができるようになりました。成績の伸びを見ながら進路や受験校の相談・悩みも親身に聞いてくれたので、入試にも戦略的に望めたと思います。そして本番のセンターでもまずまずの点数を取ることができ、私立の併願校も合格、最終的には第一志望だった一橋大学に合格することができました。試験前は、先生との授業で扱った問題やその解法のポイントをまとめた自分だけのノートをお守り代わりにずっと読んでいたので、自分は一年頑張ってきたと自信を持って入試に挑むことができました。合格発表後、すぐにハマヨビに報告に来たときは感無量でした!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020/03/11

保護者様からの声:”高嶺の花”と思っていた早稲田大学に合格!

image

 

現役時、力及ばず入試結果は散々なものでした。目指していた大学は娘の成績には不釣り合い。ただ望むばかりで、手にとることのできない高嶺の花。しかし無謀にもその高い崖を登ると決めてから、親子の予備校探しが始まりました。

 

 

子供は英語がとにかく苦手で、それを克服することは絶対条件でした。

 

 

我々が理想としたのは、娘の弱点である英語の強化はもちろん、その他の教科にもより厚みをつけたい。

 

 

いくつか大手予備校を回りましたが、どこも理想と完全に合致するところはなく、それも仕方ないかと決めかねていた矢先、見つけたのが横浜予備校でした。

 

 

英語強化に長けているだけでなく、極少人数制、プロの先生方、考えつくされたオリジナル教材、何より質問しやすい環境を備えており、まさしく我々の理想とした予備校でした。

 

 

その効果は歴然たるもので、夏前の模試まで順調に成績が伸びていき、浪人してから落ち込んでいた娘の顔も明るくなっていきました。

 

 

とはいえ、やはり高嶺の花。そう簡単には摘ませてはくれません。

 

 

秋以降の模試では思うような結果が得られなかったり、過去問の得点率も伸び悩んでいました。

 

 

毎日一憂ばかりでしたが、先生方には根気強く次の道筋をつけていただき、ついに高嶺の花を摘み取るに至りました。娘をそこまで導いてくださった先生方に感謝申し上げます。

 

 

これから受験を迎える保護者の皆様は不安かとは思いますが、奥深い山でも高い崖でも横浜予備校でなら乗り越えられるでしょう。大きな愛情を持って、お子さんを送り出してあげてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020/03/11

横浜予備校の合格体験記:慶應にあこがれ上京。苦手科目を克服して慶應義塾大学文学部に合格!

地方から上京してアパートで独り暮らしをしながら横浜予備校に通ってくれた生徒です。とにかく慶應にあこがれて、受験教科も対策もすべて慶應に絞って勉強していました。この想いが、慶応に通じて見事合格!おめでとう!

 

合格体験記

 

進学先

 

慶應義塾大学文学部

[M・A君 既卒]

 

image

 

 

僕は、高校のときほとんど全く勉強してなく気づけば三年になっていました。

 

三年になってもあまり勉強はしませんでした。僕は私文だったので科目が少なく大学受験をなめていました。

 

一応慶應を目指してはいたもののそんな感じで現役では受からずもう一年頑張ることにしました。

 

僕の得意科目は世界史で英語がとても苦手でした。そのため大手予備校でついていける気がしませんでした。

 

とにかく英語を伸ばしたくて予備校を探していた時、横浜予備校にヒットしました。

 

最終的に横浜予備校にした理由は、少人数で英語の基礎から教えてもらえるので一番英語を伸ばせる予備校だと感じたからです。

 

横浜予備校に通い始めてからとにかく勉強に毎日触れようと思えるようになりました。僕は他の生徒に比べると授業も休みがちだし行くのも遅く帰るのも早かったですが、 それでも現役の時とは比べ物にならないくらい勉強はしました。

 

横浜予備校は 各々にあった参考書を選んでくれたり、質問もしやすくとても勉強しやすかったです。それにみなとみらいが直ぐ近くにあるのでモチベが下がった時や飽きた時に散歩に行き気分転換することもできました。

 

1年間辛かったですがいろんな人の助けによってなんとか合格することができました。

 

ここまで色々と書いててきましたが別に僕はみんなに誇れるような浪人期間を過ごすことはできなかったし、手本になれるような人でもありません。

 

ただ1年間で実力とは無関係に慶應に落ちると思ったことはありません。大学受験には不屈の精神と絶対的自信が必要だと思います。

 

努力はもちろん必要ですが努力だけでは超えられないものもあります。

 

落ちると思った人から落ちます。

来年の皆さんが第一志望に合格できることを信じています。

 

親や先生そして何よりも自分を信じて頑張って ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜にある第一志望合格が目指せる個別サポートの予備校よりお知らせのご案内です

What’s Newコーナーでは、横浜の進学塾である横浜予備校の最新情報のご案内をしております。コースのご紹介や生徒募集のご案内、大学受験に向けた校内の様子、受験生に役立つ勉強法などをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
当校は予備校でありながら集団授業ではなく、個別指導や極少人数指導を基本としております。周囲の雑音が気にならない完全個室でのマンツーマン指導や、最大4名までのプロ講師の目が行き届く授業、オリジナルの学習教材、徹底した学習管理で、手が届かないとおもっていた第一志望にも合格を果たせます。

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る