頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2019/09/06

【入試改革】受験生がスピーキングできない原因と対策を横浜予備校が考える

こんにちは!横浜予備校の佐藤です。今回はスピーキングについての勉強法をご紹介したいと思います。この記事が受験生のお役に立てれば幸いです。

【入試改革】受験生がスピーキングできない原因と対策を横浜予備校が考える

pixta_4100867_M_R

 

あなたは2020年度から入試制度が変わることをご存じですか?

 

大きな変更点が、英語のスピーキング。民間の英語テストを利用し、英語を話す能力も測る点が加わりました。しかしこの点について、民間試験利用の中止を求めて署名が行われるなど、廃止を求める声も上がっています。

 

大学受験に英語の「話す」は本当に必要か?開始前に大混乱の英語教育改革 阿部公彦・東大教授に聞く WEDGE Infinity(ウェッジ)

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16557

 

論点は主に「民間の試験を利用することによる不平等さ」、「スピーキングは果たして本当に必要か」という点です。

 

そこで横浜予備校は、「受験生がスピーキングができない原因」について考えてみます。横浜の高校2年生以下の人達や、英検などの受験を考えている高校生は、この記事でスピーキングのどこが難しいのかについてしっかり理解しておきましょう。

 

スピーキングができるために必要な力

スピーキングができるためには、以下の3つの力が必要です。

 

・英文を組み立てる力

・英文を「素早く」組み立てる力

・英文を発声する力

 

スピーキングができるために必要な力その1――英文を組み立てる力

スピーキングをする上で、まず英文が組み立てられなければはじまりません。表現したい日本語から、必要な英単語を見つけ出せる語彙力、それらの単語を適切に並べる文法力や構文力が必要です。

 

スピーキングができるために必要な力その2――英文を「素早く」組み立てる力

スピーキングができるためには、単に英文が組み立てられればいいというわけではなく、〝素早く〟頭の中で組み立てられなければいけません。ここがライティングとの違いです。

 

ちなみにCNNニュースや、TOEICなどで話されているスピードは、「1分間に150語程度」。このスピードに極力近くなければ、コミュニケーションが成立しません。

 

スピーキングができるために必要な力その3――英文を発声する力

さらに組み立てた英文を、意味が伝わるように発声する力も必要です。

 

「L」と「R」の違い、「TH」など、日本語にはない発音が英語にはあります。また日本語では一文字一文字をしっかり発音するのに対して、英語は単語のアクセントだけしっかり発音するといった違いもあります。そのような英語の発声に口が慣れている必要があります。

 

pixta_12953575_M (1)

日本の受験生がスピーキングができない原因は?

日本の受験生は上記3つの力のうち、どの力がもっとも足りていないのでしょうか?

 

受験生は、英文を組み立てる力と、発声する力はトレーニングしている。

「英文を組み立てる力」は、受験には英作文があり、文法、単語はしっかり勉強しているので問題ありません。

 

「発声する力」についても、もちろんネイティブのように滑らかに話すことはできないとはいえ、音読などを通じてそれなりに勉強します。「advice」が「i」にアクセントがあることや、「allow」が「アラウ」と発音することなども入試では頻出ですし、少なくともとりあえずのところ、基本はわかっています。

 

受験生は、素早く組み立てる力は、まったくトレーニングしていない。

まったくトレーニングしていないのは、2番目の「素早く英文を組み立てる力」です。受験の世界では「速読」という言葉はあっても「速筆」という言葉はありません。英文のアウトプットという面について、速さがまったく求められていないのです。

 

たとえば、今年(2019年)の京都大学の英作文を取り上げてみましょう。

 

平成31年度試験問題および出題意図等 京都大学 「問題Ⅲ」

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/admissions/undergrad/past_eq/documents/2019/H31_5M5_773034.pdf

 

日本語の文字数は220文字程度。日本語は、英語にすると大体半分の単語数になるので100語程度の英語です。実際河合塾の解答でもそれくらいの語数になっています。

 

参考:京都大学 前期 | 国公立大二次試験・私立大入試 解答速報 | 大学入試解答速報 | 大学受験の予備校・塾 河合塾

https://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/19/k01-11a.pdf

 

そして京都大学の英作文にかける時間配分は、大体20分程度です。150点満点のうち英作分の配点が25点(16%)。試験時間が120分であることを考えて、16%ぐらいの20分で解くことを、大学側も期待していると言えます。

 

そしてすでに述べましたが、CNNやTOEICで100語程度ならば1分以内でアウトプットを終えます。

 

スピードが一番の原因

もちろん、ライティングとスピーキングは違います。

 

それに英作文とは「なかなか英訳しにくい」日本語であり、スピーキングで求められている英語よりもはるかに高度な日本語です。それに「書く」ことは「話す」ことよりも動作的な遅さもあります。

 

とはいえ「英文のアウトプット」という側面だけから見ると、ネイティブが1分弱で終える分量を、日本人は20分も時間をかけているのは遅過ぎでしょう。ゆっくりでもいいから英語がアウトプットできることを、重視し過ぎているのです。

 

 

受験生に一番効果的なスピーキング対策は、アウトプットのスピードを上げること。

 

以上から、「英語がわかっているのに話せない」という、多くの日本人の抱えているフラストレーションの原因は「発音」ではなく、「英文を組み立てるスピード」による要因の方が大きいと言えます。

 

「日本人は簡単な英語も話せない」とはよく言われますが、別にそんなことはありません。手を使って紙に書きながら「ネイティブの20倍くらい時間をかければ」いちおうかなり難しい内容でも話せる。

 

したがってスピーキングの対策は、この「20倍以上の落差」を埋めること。

 

スピードのトレーニングは積んでいなかったのですから、中学レベルの英語から「スピーディーな英訳」をする必要があります。三単現のsを付ける、疑問文を作るなど、ほとんどなにも考えずに英文にできるトレーニングが何よりも必要であり、何よりも効果的なのです。

 

まとめ

受験生がスピーキングができないのは、素早く英語に変換する訓練をしていないからです。

 

いわば数学で言えば、足し算を指を折って計算しているようなもの。「5+3」を指を折って、指の数を数えて、「8」と答えを出している状態です。実際「三単現のs」といった基本的なことでも、「いちいち頭で考えなくても自動的に付けてしまう」という状態にはなっていません。

 

つまり数学の「計算練習」に相当するような、知識の暗記というよりも、反復のトレーニングが不可欠です。

 

たとえば、中学の段階から一つの単元が終わるごとに、「日本語から、すばやく英語にする」という訓練も行うカリキュラムになっていれば、入試にスピーキングを加えるのも合理的ですが、現行の学校のカリキュラムで、スピーキング能力も要求するのは、少し受験生達には酷なことと言えるでしょう。

 

子供達は大人を信じて勉強してくれています。

 

今の子供達に将来本気で海外の人と渡り合ってもらいたいならば、この点の対策を講じてあげるべきです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019/09/04

横浜予備校流1日10時間フルスロットルで勉強できる5つの仕掛け

こんにちは!横浜予備校の佐藤です。受験勉強も9月を過ぎて折り返し地点になりました。今回の記事では一日10時間、集中して勉強に取り組むためのコツをご紹介したいと思います。

横浜予備校流、1日10時間フルスロットルで勉強できる5つの仕掛け

pixta_3167275_M_R

 

1日10時間勉強できることを「すごい」と思いますか?

 

勉強において効率はとても大切です。効率が悪ければ、いくら勉強しても成績は上がりません。しかし効率の面においては、あまり他の高校生と差がつくということが少ないのも実情です。勉強法については、様々な塾や予備校、個別指導教室が研究し、多くの受験生たちが知っているからです。

 

難しい大学を狙えば狙うほど、効率面で他の人と差がつくことは少なく、やはり差がつくのは勉強量になってきます。

 

ここでは初めて受験を迎える横浜の高校3年生、そして浪人中の人に1日10時間無理なく勉強ができる方法を5つご紹介いたします。

 

10時間フルスロットルで勉強ができる仕掛けその1――まんべんなくやる。

例えば、英数国理社の5科目を、それぞれ10時間ずつ、5日で50時間やる時を考えてみましょう。

 

以下の2種類の計画のどちらがいいでしょうか?

 

①1日目を英語10時間、2日目を数学10時間、という風に「1日1科目」にして5日間。

②毎日5科目を2時間ずつ、「1日5科目」にして5日間。

 

どちらも50時間勉強するという意味では同じですが、「飽き」の面から考えると、②の方がはるかに能率がいいです。

 

人間は一つのことだけずっとやっているとどうしても飽きます。飽きれば、注意力が落ち、いい加減になります。だから1日ずっと同じことをすれば、辛いだけではなく、後半の数時間はほとんど惰性で机に向かっているだけで、知識が身に付かなくなります。

 

ある科目をやったあとに別の科目をはじめる時、ちょっと切り替える時は辛く感じるかと思いますが、でもはじめてみると脳の別の部分を使うので、案外大変じゃないということに気付くはずです。そして気付けば2時間が終わっている。続いて別の科目に取り組む。という流れで10時間勉強が続けられます。

 

10時間勉強が辛いと感じる人は、極力多くの科目を、1日にまんべんなくやる計画にしましょう。

 

pixta_19704261_M_R

10時間フルスロットルで勉強ができる仕掛けその2――変化をつける。

まんべんなくやる計画を立てる上で、例えば「理系科目をやったら、次は文系科目をやる」という風に、できるだけ変化をつけるようにすると集中力が落ちません。できるだけ「散らす」ように心がけた方が、10時間があっという間に感じます。

 

理系と文系という分類だけではなく、得意と不得意、好きと嫌い、センターと二次という分類も考えながら1日の勉強計画を立てましょう。

 

10時間フルスロットルで勉強ができる仕掛けその3――一番辛いことは朝一

長時間勉強を続けていると疲労がたまってしまうことはもちろん避けられません。肩が凝ってきたり、すわりっぱなしではお尻も痛くなってきたり。目も疲れてくるでしょう。意識はなくても、やはり朝一番が最も快調で、頭もよく回り、夜に進むにつれて辛くなってきます。

 

ですので、一番辛いことは朝一番のうちに片付けることがおすすめです。

 

辛いことを後回しにしていると、どうしても体の疲れとの二重苦になり10時間続けることが難しくなります。

 

でも「2番目に辛いこと」は、2番目にする必要はありません。「変化を付ける」ことが大切ですから、2番目は楽な科目にして〝休憩〟しましょう。

 

10時間フルスロットルで勉強ができる仕掛けその4――満腹になり過ぎない。

「腹が減っては戦ができぬ」

 

とは言いますが、これは昔のことわざ。飽食の時代である現代ではあまり当てはまりません。昔のお侍さんのようになかなか食事にありつけることができない立場ならばまだしも、3食毎日確実に食べられる現代人にとっては、むしろ気を付けるべきなのは、「お腹いっぱいで戦ができぬ」です。

 

実際お腹いっぱいになると、眠たくなります。その原因は諸説ありますが、消化のために体のパワーが使われて脳に回る血液が減るためです。それから満腹状態の時に脳内ではセロトニンという物質が分泌されるのですが、このセロトニンが睡眠を促す物質を分泌するのです。

 

それにお腹を満たしたところで、結局別の誘惑が襲ってきます。今度は「ゲームがしたいなあ」とか、「甘い物が食べたいなあ」とか。むしろ空腹の誘惑の方がはっきりしていて、我慢しやすい。

 

もちろんあなたは育ち盛りです。体が成長している時なので、大人よりもしっかり栄養素を摂ることは絶対大切です。でもあくまで勉強中は腹八分目、いや六分目ぐらいにしておき、そして勉強が終わったあとにしっかりと食べましょう。

 

10時間フルスロットルで勉強ができる仕掛けその5――〝中途半端〟に終わらせる

――よし、あとちょっとだし、このページは絶対終わらせる!

 

――これを終わらせるまで、帰らない!

 

このようなスタンスは素晴らしいのですが、実は受験勉強にはあまりおすすめできません。

 

受験は10時間を1日だけやればいいわけではありません。10時間を何日も何日も、淡々と続けなければいけないのです。だから毎日〝キリ〟を付ける勉強の仕方は、翌日のモチベーションが上がらなくなる危険性があります。

 

実は「問題だけ解いて答え合わせはしない」とか、「わかりかけたところであえて終わらせる」とか、あなたが「もうちょいやりたい!」と思うような「中途半端」な場所で終わらせると、翌日もスムーズに机に向かえます。

 

つまり「成果」より「時間」で区切って、時間が来たらそこで終わらせるくらいにしておいた方が、毎日ペースが落ちないのです。

KIMG0408

■まとめ――達成感は、最後まで味わわない。

今回は勉強量を増やすさまざまな仕掛けをご紹介しました。

 

一番のポイントはまんべんなく1日を過ごすこと。色々やること。そのメリットは、飽きないということだけではありません。さらに、必然的にそれぞれの科目の進みが遅くなり、「まだ全然終わってない!」と緊張感が持続して、翌日もその翌日も10時間勉強が続けられるようになります。

 

例えばベクトルが苦手だから6時間ずっとベクトルをやるという計画を考えがちですが、それで達成感を感じてしまうと、「もう大丈夫!」と油断して、翌日の勉強が苦しくなってしまうのです。

 

ちょっとずつ、じわじわとすべての科目の成績を攻略していく。

 

これが長期プロジェクトである受験を制する鍵です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

2019/09/02

横浜予備校は、大学入試までに必要な勉強時間をどのように考えているか?

こんにちは!横浜予備校の佐藤です。久しぶりのブログの更新になります。今回は、”難関大・医学部合格のために必要な勉強時間”のお話をしたいと思います。

 

 

横浜予備校は、大学入試までに必要な勉強時間をどのように考えているか?

 

「他の人達はいったいどれくらい勉強しているのかなあ」とか「湘南とか翠嵐とか、厚高は高3になったら10時間以上も勉強してると聞いたけど本当かな」など心配になったことはありませんか?

 

今回は、横浜の高校生の勉強時間の目安をご紹介してまいります。

 

もちろん勉強の質も大切ですが、質の点で他の人と差をつけることは少し大変です。さらに後半は「他の人達と勉強時間で差を付ける方法」もご紹介します。

 

横浜の高校生の、学年別に必要な勉強時間は?

もちろん目指す大学などによっても違いますが、平均的に以下ぐらいの勉強時間は必要だと横浜予備校は考えます。

 

pixta_4027995_M

横浜の高校1年生――平日3時間、休日5時間

高1の間は、高校生活に慣れることで精一杯だと思いますし、それほど勉強しなくても大丈夫と言えるでしょう。平日のうちは3時間、休日に5時間です。そして定期テスト前に平日5時間、休日10時間しっかり勉強しましょう。

 

横浜の高校2年生――平日4時間、休日6時間

高2になったら高校生活にも慣れ、リズムも作れてきていますので、積極的に勉強時間を増やしていきましょう。平日は4時間で休日は6時間。自習室などを活用し、少しずつ勉強時間を増やしていきましょう。

 

横浜の高校3年生

いよいよ受験生です。

 

春、夏、秋以降、でそれぞれ違います。

 

部活をしている人ではなかなか時間が作り出せませんが、やはり春のうちから平日は5時間、休日は7時間は勉強をしていきましょう。両立はとても大変ですが、この時期にしっかり両立できてこそ、部活が終わった後に大量に勉強できるようになります。

 

夏休みに入り、部活も終われば、1日10時間は必要です。夏休みが合否を分けると言ってもいいほど大切で、この時期にどのだけ勉強を習慣づけられるかがカギです。

 

秋以降は、学校があるので大変に感じることもありますが、平日でも7時間はしっかり勉強しましょう。

 

KIMG0271 (1)

他の受験生よりも勉強ができるようになる仕掛け

必要な時間はわかっても続いて問題になるのが、

 

・どのように時間を捻出するか

・どのように緊張感を出すか

 

ということです。

 

1つ目の「どのように時間を捻出するか」という点は、以下の記事を参考にしてください。

 

医学部・難関大合格に必要な勉強時間とスキマ時間活用術

https://yokohama-yobikou.jp/koukou/1663

 

誰でも7時間は勉強時間を確保できる!神奈川学園生の相談

https://yokohama-yobikou.jp/koukou/1373

 

 

それからもう1つの問題点が、「緊張感」。

 

がんばらなきゃいけないことはわかっているし、がんばってみたい。だけど、なかなかそういう気持ちになれない、というところで悩んでいませんか?

 

「10時間も勉強するの……」から、「たった10時間しかできない、もっと時間をくれ!」と思える方法を2つご紹介します。

 

勉強の緊張感を高める方法1――入試日を1ヶ月早める。

入試シーズンが近づいてくると、様々な学校や塾で「センターまであと○○日!」というカウントダウンが始まります。

 

試験日を意識させ、緊張感を高める仕掛けです。

 

でもどうしてわざわざ「本当の日」にするのでしょうか?

 

たとえばあなただけは1ヶ月早めてカウントダウンしたらどうでしょうか?

 

つまりセンター試験は1月の中頃にあるので、12月の中頃と考えて計画を立ててみるのです。

 

現役生が見落としがちなことですが、実際のところ入試の1か月前になったら新しい分野を勉強する暇はほとんどありません。直前になると今まで勉強したことをもう一度再確認し、完璧にすることだけで手一杯、それだけで1か月があっという間に過ぎ去ってしまうものなのです。

 

つまり12月15日くらいから1ヶ月はセンターに向けて最終チェックをする時期で、そしてセンターが終われば、あとは2次試験までの最終チェックをする1ヶ月。実際よりも1ヶ月の余裕を見て計画を立てるくらいでちょうどいいのです。

 

他の人達と頭一つ抜け出たいならば

 

「自分だけは何か不運が起こり、12月15日にテストしなければいけなくなった」

 

と仮定して、計画を立ててみましょう。

 

6時間くらい勉強して、「遊びたいなあ」という気持ちになった時も、この状況を想像しましょう。あと4時間、踏ん張れます。

 

1

勉強の緊張感を高める方法2――人目の前で勉強する

やはり人間というのは、誰かに見られていないと気持ちが緩んでしまうもの。別に他の人が監視しているわけではなくても、誰かが近くにいると、なんとなく早く帰宅したりすることに引け目を感じたりしませんか?人間とは人前では「かっこつけようとする」性質がある。

 

この性質をもっと積極的に活用しましょう。

 

できるだけ他の人達がいる、塾の自習室などで勉強するのです。

 

今日はやる気が出ないという日は、とりあえず自習室に行くことだけを目標にします。他の人と一緒に勉強をはじめてみると不思議なもので、次第に集中できて、1日を乗り切れるもの。そしてこういう1日こそが、合否を分けます。

 

だから横浜予備校は、自習室に関して、徹底的なこだわりを持って勉強しやすい状況を整えています。みなとみらいの綺麗な夜景がみえ、無料のドリンクバーや電子レンジや冷蔵庫なども準備して、過ごしやすい環境です。一人一人ロッカーも用意し、22時まで開放して、ここで勉強したら、あとはみなさんが帰って寝るだけという状況にしてほしいと思っています。

 

■まとめ

横浜予備校が考える「受験生に必要な勉強時間」についてご紹介してまいりました。

 

特に「自分の中で入試日を早めに設定する」テクニックはおすすめです。直前は総復習が必要であることを考えると、意外と一ヶ月余裕を見て勉強計画を立てるくらいがベスト。

 

あなたは12月15日が試験日だとしたら、今日何をしますか?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019/04/12

締め切りクラス・コースのお知らせ

現在、全てのコース・クラスが満席になっております。

 

中高一貫(中学生)完全個別指導コース   締め切り

高1 完全個別指導コース         締め切り

高1 極少人数クラス                             締め切り

高2 完全個別指導コース                       締め切り

高2 極少人数クラス                             締め切り

高3 完全個別指導コース                       締め切り

高3  極少人数クラス                            締め切り

既卒  難関大コース                               締め切り

既卒  医学部コース                              締め切り

既卒  完全個別指導コース                     締め切り

 

大変たくさんのお問い合わせありがとうございました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019/03/22

高3各クラス、既卒各クラス締め切りのお知らせ

高3各クラス、既卒各クラス締め切りのお知らせ

 

高3難関大コース

高3医学部コース

高3完全個別指導コース

既卒難関大コース

既卒医学部コース

既卒難関大完全個別指導コース

既卒医学部完全個別指導コース

は定員に達したため締め切りとなりました。

 

たくさんのお問合わせ本当にありがとうございました。

 

高1・高2の各クラスは若干名の空きがございますが、

去年度と同様に早期に締切になることが予想されますので

ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜予備校

 

http://www.yokohama-yobikou.jp/

 


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜にある第一志望合格が目指せる個別サポートの予備校よりお知らせのご案内です

What’s Newコーナーでは、横浜の進学塾である横浜予備校の最新情報のご案内をしております。コースのご紹介や生徒募集のご案内、大学受験に向けた校内の様子、受験生に役立つ勉強法などをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
当校は予備校でありながら集団授業ではなく、個別指導や極少人数指導を基本としております。周囲の雑音が気にならない完全個室でのマンツーマン指導や、最大4名までのプロ講師の目が行き届く授業、オリジナルの学習教材、徹底した学習管理で、手が届かないとおもっていた第一志望にも合格を果たせます。

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る