頑張る受験生・高校生に贈るハマヨビブログ

2019/01/18

帝京大学医学部2018「数学」入試問題分析|横浜の医学部予備校

2

現役の国立医大生に帝京大学医学部2018年度の実際の入試問題を解いてもらい、
各問題の率直な感想をもらい、問題分析をしてもらいました。
受験生の立場に非常に近い現役医大生の感想なので受験生の立場に近い感覚だと思います。
是非、参考にしてください。このコラムが受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

帝京大学医学部2018「数学」入試問題分析|横浜の医学部予備校

 

私大医学部の問題の入試分析と対策(2018年度、帝京大学 数学)

・300点満点で、合格最低点は217点とかなりの高得点
・競争率が40倍以上(47.8)とかなりの競争率の高さで、年々上がっている
・試験日は自由選択制
・一次選考合格者に限り、二次選考を行い、合否を判定する
・大問にして4つ、小問にして8問
・全体の難易度はやや易~難で、完答は難しいため、得意な分野から取り掛かるようにして、苦手な分野は一部分だけでも解くようにするなど、解ける問題から確実に解いた方が得点は上がる
・技能・知識はセンター試験レベルよりやや難しい程度で、得点は比較的難しい

※複数日の問題がありますが、今回の分析は「数学社出版 2019年版 大学入試シリーズ 帝京大学(医学部)」の各教科の①を対象に行います。

以下、✩~✩✩✩で難易度を表します。
✩の数が増えるほど、難易度が高くなります。
第1問

(1)✩✩ (2)✩✩✩

この大問は、3次曲線とx軸との交点、放物線の接戦と面積がテーマになっています。難易度は高いようにも見えますが、よく出てくるタイプの問題ともいえるでしょう。頻出問題内容ですので、ここで得点できる受験生は比較的多いことが予想されます。あらゆる問題集でもこのタイプの問題が掲載されていますので、対策はしやすいと思われます。一方で、この問題は知識が乏しい状態ではなかなか先には進めません。文章からグラフをイメージし、おおまかな形がかけなければ先の問題を解くのも一苦労です。つまり、勉強してきたかどうかが鍵になりますから、言い換えれば時間をかけて何とか解こうとしても解けない問題です。試験開始後に全体的に問題に目を通して、どこも解ける自信がないのであれば、まずこの大問は避けますね。もし解き方が思い浮かばない時には、第4問などから解くことを勧めたいですね。
問題の解き方も決まっていますので、解き方を理解しておいてそれを再現できれば得点できたも同然です。とにかく最優先事項は解き方を暗記することです。そこから再現できるように何度も解くことで入試でも解ける問題になります。また、知識や解き方さえ身についていれば時間はそれほどかからずに正解できます。
第2問

(1)✩ (2)✩✩

この大問は、三角関数の最大値と最小値がテーマになっています。問題文の内容は比較的伝わりやすく単純明快な書き方でした。ですから、計算が難しくとも時間をかければ解ける受験生は多いと思われるのが第2問(特に(1))です。そして、解き方は三角関数の問題の中でもよく見るパターンですね。つまりは、対策がしやすいということです。ヒントも十分に与えられていますので、この問題がとけなかった受験生は解説をしっかりと読んで、次に同じような問題に出会ったときには確実に得点できるようにしておきましょう。
Focus Goldやチャートの青・赤などで基礎的な部分の理解を分野ごとに深めて、クリアなどのような様々な大学の過去問を解きなれていくことがいいと思います。まずは分野を深めた問題でも解けるようになってから、複数分野を組み合わせた問題が解けるようになることが重要になります。ご自身のレベルに合わせて、どのような問題集を使えばいいのかを考えましょう。レベルは自分ではわからないかもしれないので、自身の学力を知っている先生に相談してお勧めのものを教えてもらうのも一つの手ですよ。また、相談する相手がいない場合には、立ち読みやレビューなどを参考にしたり、志望している大学の先輩がいいとネットで言っているものを購入してみましょう。

 

第3問

(1)✩✩ (2)✩✩✩

この大問では、3次方程式の解と係数の関係、対数方程式が実数解をもつ条件がテーマになっています。対策としては、対数の扱い方に慣れておくことです。底の変換や真数の条件にあてはめることが簡単に感じるくらいに慣れておきましょう。また、二次方程式の解と係数の関係に関してはよく理解している人が多いのですが、これを機にぜひ3次方程式の解と係数の関係についてもよく理解し、公式を使って様々な問題を解けるようにしましょう。


第4問

(1)✩✩ (2)✩✩✩

この大問では、確率と漸化式がテーマになっています。この分野は難しいと感じる人が多いのですが、この問題の最も難しいところは、とにかく何パターンもの場合の数が考えられるところです。しかし、この大問では他の大問と違って、時間をかければ答えにはたどり着くのです。書き出すのは非効率的なような気もしますが、テスト開始後に他の問題に目を通した際に、どの大問にならば時間をかけてもいいのか(すなわち、どの問題なら時間をかければ解けるのか)を基準に解く問題を選び、他に解ける問題が少ない場合は第4問に時間をかけましょう。
対策としては、場合の数・確率の書き出し方です。書き出す際に最も恐れることは、時間を割いて書き出したのにも関わらず書き出しにミスがあることです。個数が足りているか、多くはないかを確認することは難しいので、書き出し方のルールを決めて規則正しく書き出すことをあらかじめ注意しながら書き出すようにしましょう。

 

2018年度の帝京大学入試を、完璧に解ける人はかなり少ないように感じます。しかし、かなりの競争率の中で見事合格を勝ち取るためには苦手な出題形式は当然後回し、自分が得点出来るところからできる分だけ解いてなるべく得点を重ねていきましょう。また、時間配分に気をつけて、終了五分前には空いているところを埋めることは忘れないでくださいね!同じ大学であれば好んでいる解き方や分野はありますので、入試本番でも模範解答の解き方は役に立つ可能性は高いです。ぜひその視点で過去問を分析してください。
入試問題は制限時間にシビアです。そのような状況では、解く順番が重要になります。順番を選ぶ基準としては、確実に得点できそうだと感じたものから解き、その中でも時間がかからなさそうなものから優先的に解きます。決める際の基準は「確実に得点できるか?」「短時間に解くことができるか?」になりますので、テスト開始後にはまず全体に目を通してどの問題から解くかを瞬時に判断しましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019/01/18

帝京大学医学部2018「国語」入試問題分析|横浜の医学部予備校

6

 

現役の国立医大生に帝京大学医学部2018年度の実際の入試問題を解いてもらい、
各問題の率直な感想をもらい、問題分析をしてもらいました。
受験生の立場に非常に近い現役医大生の感想なので受験生の立場に近い感覚だと思います。
是非、参考にしてください。このコラムが受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

帝京大学医学部2018「国語」入試問題分析|横浜の医学部予備校

 

私大医学部の問題の入試分析と対策(2018年度、帝京大学 国語)

・300点満点で、合格最低点は217点とかなりの高得点
・競争率が40倍以上(47.8)とかなりの競争率の高さで、年々上がっている
・試験日は自由選択制
・一次選考合格者に限り、二次選考を行い、合否を判定する
・必須問題は現代文、選択問題は現代文か古文か漢文
・全体の難易度は易~難で、完答は難しいため、得意な分野から取り掛かるようにして、苦手な分野は一部分だけでも解くようにするなど、解ける問題から確実に解いた方が得点は上がる
・技能・知識はセンター試験レベルのものと同等かそれよりやや難しい程度で、得点は比較的しやすい

※複数日の問題がありますが、今回の分析は「数学社出版 2019年版 大学入試シリーズ 帝京大学(医学部)」の各教科の①を対象に行います。

以下、✩~✩✩✩で難易度を表します。
✩の数が増えるほど、難易度が高くなります。
【必須問題】

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩✩ (4)✩ (5)✩✩ (6)✩✩ (7)✩ (8)✩✩✩ (9)✩✩✩

この大問は、評論でした。とにかく本文が長い!これは問題に取り掛かるまでにかなりの時間を要しますね。そのため、設問を後から読んでいると間に合わないかもしれません。まず設問を読んで、その後本文を読んで、解答のヒントになりそうな部分をみつけたらマークして解答に取り掛かることで無駄なく進められると思います。

 

【選択問題1】

(1)✩ (2)✩ (3)✩ (4)✩✩ (5)✩✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩

この大問も、評論でした。これは第1問よりも短い文章で、出題形式は同じようなものでした。空所に当てはまる言葉を入れる問題が特徴的です。解き方は第1問とほとんど同じです。古文・漢文が得意な人はそちらを選択することが望ましいです。レベルとしては、現代文の方が難しいようですね。古文の方が得点しやすいので、今回過去問で現代文を選択した受験生も一度古文の方も解いてみてください。もしかしたらそっちの方が得点しやすいかもしれませんよ。


【選択問題2】

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩ (4)✩✩✩ (5)✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩✩

この大問は、随筆でした。随筆は小説に近いもので、主人公が筆者であることが特徴です。文章が長いように感じますが、それは会話文の改行によるものです。小説が得意な受験生は、この大問を選択することを強くお勧めします。内容としては、評論の色も濃く出ていますので、評論が得意な人でも取り組みやすいのではないでしょうか。古文・漢文が得意な人はそちらを選択することが望ましいです。レベルとしては、現代文の方が難しいようですね。ただし、センター試験の模試や過去問で小説なら満点近く取ることができるのであれば、もちろん小説の方が向いているのでしょうし、小説だと特に対策しなくてもいい(古文のような文法を暗記しなくてもいい)ため、自分に合った方を選択しましょう。

 

【選択問題3】

(1)✩✩ (2)✩ (3)✩✩ (4)✩ (5)✩✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩

 

この大問は、沙石集からの出題です。沙石集は有名ですし、内容も見たことがある受験生もいたのではないでしょうか。
古文の入試問題は、実は対策が簡単なんです。それは、内容をあらかじめ記憶しておくことです。現代文と違って、古文は今ある文献以上に増えることはそうそうありません。つまり、内容をすべて読んだことがあれば、その知っている文章の中から出題されるということなのです。とはいっても、全ての文章の現代文を読むのにも時間がかかりますので、有名な作品から読み始めてもいいでしょう。もしくは、内容が面白いと見聞きしたものから始めてみてもいいかもしれませんね。私は、大根侍のお話が好きで、皆さんにもおすすめしたいです。かなり個性的でツッコミどころも満載なので面白おかしく読めますよ。また、落窪物語もお勧めです、シンデレラそっくりの物語におもわず童心を思い出します。現代文よりも簡単な内容でした。

【選択問題4】

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩✩ (4)✩✩

この大問は、十八史略からの出題です。この文章を読み始める前に、まずは[選択問題四]と書いてあるその下を読んでください。この文章が始まるにあたって、どのような状況かを説明してくれています。これはかなり親切なヒントになりますので、普段からこの部分を読み飛ばさずに、しっかりと読む癖をつけておいてください。
対策としては、たくさんの問題を解くようにして、多くの文法、文章に触れることしかありません。これも古文同様、文章が増えることはありません。だからこそ、現代語訳しているものでもいいので、たくさんの文章を知っておきましょう。また、漢文内での慣習や常識というのは日本のものではありませんから、日本人にとっては少しなじみのないものまであります。それを知る為にも、多くの文章を読んでください。レベルとしては、現代文よりも簡単な内容でした。

 

2018年度の帝京大学入試を、完璧に解ける人はかなり少ないように感じます。しかし、かなりの競争率の中で見事合格を勝ち取るためには苦手な出題形式は当然後回し、自分が得点出来るところからできる分だけ解いてなるべく得点を重ねていきましょう。また、時間配分に気をつけて、終了五分前には空いているところを埋めることは忘れないでくださいね!同じ大学であれば好んでいる解き方や分野はありますので、入試本番でも模範解答の解き方は役に立つ可能性は高いです。ぜひその視点で過去問を分析してください。
入試問題は制限時間にシビアです。そのような状況では、解く順番が重要になります。順番を選ぶ基準としては、確実に得点できそうだと感じたものから解き、その中でも時間がかからなさそうなものから優先的に解きます。決める際の基準は「確実に得点できるか?」「短時間に解くことができるか?」になりますので、テスト開始後にはまず全体に目を通してどの問題から解くかを瞬時に判断しましょう。今回であれば、私なら古文を選択し後ろから解き進めますが、それは現代文に時間を割くことが自明だからです。しかし、得意分野が現代文なのであれば、そちらから解いてもいいと思われます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019/01/18

帝京大学医学部2018「英語」入試問題分析|横浜の医学部予備校

1

 

帝京大学医学部2018「英語」入試問題分析|横浜の医学部予備校

 

現役の国立医大生に帝京大学医学部2018年度の実際の入試問題を解いてもらい、
各問題の率直な感想をもらい、問題分析をしてもらいました。
受験生の立場に非常に近い現役医大生の感想なので受験生の立場に近い感覚だと思います。
是非、参考にしてください。このコラムが受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

私大医学部の問題の入試分析と対策(2018年度、帝京大学 英語)

・300点満点で、合格最低点は217点とかなりの高得点
・競争率が40倍以上(47.8)とかなりの競争率の高さで、年々上がっている
・試験日は自由選択制
・一次選考合格者に限り、二次選考を行い、合否を判定する
・大問にして4つ、小問にして30問
・全体の難易度は易~難で、完答は難しいため、得意な分野から取り掛かるようにして、苦手な分野は一部分だけでも解くようにするなど、解ける問題から確実に解いた方が得点は上がる
・技能・知識はセンター試験レベルのものと同等かそれよりやや難しい程度で、得点は比較的しやすい

※複数日の問題がありますが、今回の分析は「数学社出版 2019年版 大学入試シリーズ 帝京大学(医学部)」の各教科の①を対象に行います。

以下、✩~✩✩✩で難易度を表します。
✩の数が増えるほど、難易度が高くなります。
第1問 

(1)✩ (2)✩ (3)✩ (4)✩✩ (5)✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩ (8)✩ (9)✩✩✩

 

最も一般的な長文問題です。語句選択、合致のものを選択する、和訳など様々な設問で構成されています。語彙力に関しては、センター試験などで使う単語だけでなく、医学系の単語も知っておくと良いでしょう。医学部受験者用の単語帳なども売っていますので、自信のない人はそれを買って勉強していきましょう。専門用語はかなり多いので、覚えるものは大変ですから、受験生の中には単語帳などは使わずに、問題文に出てきたものやかなり数を絞ったものを覚える人も多いです。自身の余力と相談して、出来そうなら買ってみてください。また、長文のテーマとしても医学部が好みそうなものでしたね。医学部受験者のために作成された問題集(内容は、移植・感染症についてなど)がありますので、購入して参考にしてもいいかもしれません。

 

第2問

(1)✩ (2)✩ (3)✩ (4)✩✩ (5)✩✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩

 

この大問では、語句を穴埋め形式で選択します。第2問ではそこまで多くの医学用語がでてきたわけではないので、医学用語が頭に入っていなくてもある程度は解けたと思われます。とにかく語彙力が問われています。この大学の特徴は、文法を問う問題よりも語彙力を問う問題の方が多いということで、この大問をそれを色濃く表しています。単語帳を最後まで手放さないでください!

 

第3問

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩✩ (4)✩✩✩ (5)✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩✩

この大問では同じような意味の英文を選ぶのですが、これは中々に珍しいかもしれません。内容は難しくもなく、出題の形式もややこしくはないのですが、これが入試の問題として出題されるのは珍しいですね。この大問はとにかく解くのに時間がかからないところです、ササッと解いて他の大問に時間を割きましょう。英語の長文を読むこと自体が苦手な受験生はここで稼ぐしかないので、この大問から解いて時間を確保するのも一つの手ですね。

 

対策としては、文法の細かいルールよりも和訳ができるようになることです。和訳ができると、選択肢からも選びやすくなります。これが他の大学入試と異なる点ですね。つまり、他の大学も併願してこの大学も受験するというのであれば、少し他の大学とは違う対策を練らなければならないということです。基礎的な部分はもちろん変わりませんので、この大学受験前には和訳できるかという視点も考慮してほしい、という程度です。
第4問

(1)✩✩ (2)✩✩ (3)✩✩✩ (4)✩✩ (5)✩✩✩ (6)✩ (7)✩✩

 

内容の合致のみを問う設問で構成されています。まずは設問を確認して、その内容を記憶してから本文を読みましょう。そうすることでどこに答えがあるのかを意識しながら読むことができるので、より答えを見つけやすくなるでしょう。全体的に難しくはない文章で、しっかりと読めていれば解くのは簡単です。しかし、文章が長く、解答までにかなりの時間を要するため、その点においては得点が難しい問題と言えるでしょう。

 

このタイプの問題は、教科書でも問題集でもよく出ていますが、どのように対策をするかというよりも、やはり語彙力を重要視していただきたいと思います。というのも、内容合致は本文と同じ語彙を用いて文章が構成されているわけではないのです。同じような意味をもつ単語で言い換えて一致・不一致を問うのです。内容を照らし合わすだけでなく、「この単語からどのような単語が同じ意味を持つのかを自分は連想できるのか?」とう視点を大切にしてください。語彙力に自信がある受験生の皆さん、ただ意味を答えることや日本語に合う英単語を見つけるだけでは不十分です!多くの単語の意味を芋づる式にどんどん引き出せるようになってください。そのためには、単語帳を暗記するだけでなく実際に様々な単語を使うようにして、使いこなせるようになってください!
2018年度の帝京大学入試を、完璧に解ける人はかなり少ないように感じます。しかし、かなりの競争率の中で見事合格を勝ち取るためには苦手な出題形式は当然後回し、自分が得点出来るところからできる分だけ解いてなるべく得点を重ねていきましょう。また、時間配分に気をつけて、終了五分前には空いているところを埋めることは忘れないでくださいね!同じ大学であれば好んでいる解き方や分野はありますので、入試本番でも模範解答の解き方は役に立つ可能性は高いです。ぜひその視点で、過去問を一度は分析してみてください。

 

入試問題は制限時間にシビアです。そのような状況では、解く順番が重要になります。順番を選ぶ基準としては、確実に得点できそうだと感じたものから解き、その中でも時間がかからなさそうなものから優先的に解きます。決める際の基準は「確実に得点できるか?」「短時間に解くことができるか?」になりますので、テスト開始後にはまず全体に目を通してどの問題から解くかを瞬時に判断しましょう。今回であれば、私なら前から解き進めますが、それは長文に時間を割くことが自明だからです。しかし、得意分野が長文なのであれば、そちらから解いてもいいと思われます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
2019/01/18

東京医科大学入試問題『英語』2018攻略法|横浜の医学部予備校

1

 

現役の国立医大生に東京医科大学医学部2018年度の実際の入試問題を解いてもらい、
各問題の率直な感想をもらい、問題分析をしてもらいました。
受験生の立場に非常に近い現役医大生の感想なので受験生の立場に近い感覚だと思います。
是非、参考にしてください。このコラムが受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

東京医科大学入試問題『英語』2018攻略法|横浜の医学部予備校

私大医学部の問題の入試分析と対策(2018年度、東京医科大学 英語)


・3教科で400点満点
・偏差値は67.5程度
・大問にして5つ、小問にして28問
・全体の難易度は易~難で、完答は難しいため、得意な分野から取り掛かるようにして、苦手な分野は一部分だけでも解くようにするなど、解ける問題から確実に解いた方が得点は上がる
・技能・知識はセンター試験レベルのものと同等かそれよりやや難しい程度で、得点は比較的しやすい

以下、✩~✩✩✩で難易度を表します。
✩の数が増えるほど、難易度が高くなります。


第1問 

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩ (4)✩✩ (5)✩✩

この大問は、アクセント問題で構成されていました。この大問の難しいところは、単語の内数個があまり親しみのないものだというところ。アクセント問題のために特別対策をするというよりも、英文を聞いたりすることでアクセントの対策にする程度にした方がいいと思います。アクセント問題は他の大学ではあまり出題されませんし、他にもいくつかの大学を受けるのであれば、アクセント問題よりも文法事項をより詳細に理解していきましょう。

第2問

(6)✩ (7)✩ (8)✩ (9)✩✩ (10)✩✩

この大問では、英文法に関する知識が問われています。この大問はとにかく解くのに時間がかからないところです、ササッと解いて他の大問(第1問や第3問以降)に時間を割きましょう。簡単な文法問題もありますが、ややこしい文法もありますので、満点は難しいかもしれません。簡単な問題はなるべく短時間(30秒から1分程度)で解き、ややこしい問題ではもう少し時間をかけて細かいところにまで注意をして解くことで、満点に近づきます。長文が苦手な方はここでしっかりと時間をかけて得点することで合格点に近づきます。

 

第3問

(11・12)✩ (13・14)✩✩ (15・16)✩✩✩ (17・18)✩✩ (19・20)✩✩✩

この大問では、整序英作文を解きます。整序英作文を解くコツとしては、いきなり前から並べようとしないことです。ある程度の熟語を作ってからそれを入れ替える形で、一番ぴったりくる形を選ぶと正解しやすくなります。そして、根拠をもって並べ替えをしてください。主語の後だから動詞がくる、他の部分が過去のことを言っているからこの動詞をここにもってくる、助動詞だから主語と動詞の後に置く、などのように根拠を考えてください。一番ぴったりな順番というのは、フィーリングではありません(どうしてもわからない時にはフィーリングも大切ですが…)。会話文ではなく入試問題ですので、必ずと言っていいほど文法事項にそった問題が出題されています。他の人に追及されないよう、きれいで正しい文法で文章を構成することを意識しましょう。

第4問

(A)✩ (B)✩✩ (C)✩✩ (D)✩✩✩ (E)✩✩✩

この大問は英語の長文です。長文でありながらセンター試験などと比べるとたいして長い文でもなく、段落でも区切ってくれているので比較的読みやすい文章だったと思います。内容も堅苦しくはなく、変わった英単語もなかったです。

 

対策としては、Aはいっそのこと、右に簡単な和訳をつけた方がいいかもしれません。毎回上から内容を和訳しながら確認するのは時間的にも困難です。ですから、簡単に日本語にしておくことで確認するのに時間がかからないようになります。Bは中々に苦手な受験生も多いのが実際です。しかし、問題の内容は難しくはありませんので、苦手な人でも解ける問題は得点しましょう(わからない単語に出会って解答を迷っていても思いつくわけでもないし仕方ないので、「わからない!」と思ったらとりあえずでもいいので答えを選んで、すぐに次の問題にうつることを忘れないでください)。Cは単語の意味がわからない時にはBと同様答えを思いつくことは難しいですので、とりあえず答えを選んで、次の問題に。Dは前置詞の問題ですね。前置詞にはそれぞれ大まかな意味があります。それぞれの前置詞の持つ意味を知っておくことで得点はしやすくなります。Eに関しては対策する方法をここでは述べず、第5問で述べます。

 

第5問

✩✩

この大問は英語の長文です。全体的に難しくはない文章で、しっかりと読めていれば解くのは簡単です。しかし、文章が長く、解答までにかなりの時間を要するため、その点においては得点が難しい問題と言えるでしょう。また、完答もやや難しいと言えますが、0点にはなり辛いと思われるレベルです。先に設問を読んで簡単に和訳をしてから本文を読み、ヒントになりそうな部分をマークしながら読むようにしてみてはどうでしょうか。




2018年度の東京医科大学入試を、完璧に解ける人はかなり少ないように感じます。特に数学や物理、化学は難易度が高かったのですが、それに比べるとまだ内容もセンター試験に出そうなものもありますので、英語は得点しやすい科目のように感じました。苦手な出題形式は当然後回し、自分が得点出来るところからできる分だけ解いていきましょう。長文は特に時間がかかりますので、アクセント問題、文法や整序英作文から解いていくことをお勧めします。また、解答はマーク式なので、時間配分に気をつけて、終了五分前には空いているところを埋めることは忘れないでくださいね!同じ大学であれば好んでいる解き方や分野はありますので、入試本番でも模範解答の解き方は役に立つ可能性は高いです。ぜひその視点で過去問を分析してください。

 

入試問題は制限時間にシビアです。そのような状況では、解く順番が重要になります。順番を選ぶ基準としては、確実に得点できそうだと感じたものから解き、その中でも時間がかからなさそうなものから優先的に解きます。決める際の基準は「確実に得点できるか?」「短時間に解くことができるか?」になりますので、テスト開始後にはまず全体に目を通してどの問題から解くかを瞬時に判断しましょう。今回であれば、私なら前から解き進めますが、それは長文に時間を割くことが自明だからです。しかし、得意分野が長文なのであれば、そちらから解いてもいいと思われます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
2019/01/18

東京医科大学入試問題『生物』2018攻略法|横浜の医学部予備校

5

現役の国立医大生に東京医科大学医学部2018年度の実際の入試問題を解いてもらい、
各問題の率直な感想をもらい、問題分析をしてもらいました。
受験生の立場に非常に近い現役医大生の感想なので受験生の立場に近い感覚だと思います。
是非、参考にしてください。このコラムが受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

東京医科大学入試問題『生物』2018攻略法|横浜の医学部予備校

私大医学部の問題の入試分析と対策(2018年度、東京医科大学 生物)



・3教科で400点満点
・偏差値は67.5程度
・大問にして4つ、小問にして28問
・全体の難易度は易~難で、完答は難しいため、得意な分野から取り掛かるようにして、苦手な分野は一部分だけでも解くようにするなど、解ける問題から確実に解いた方が得点は上がる
・技能・知識はセンター試験レベルのものと同等かそれよりやや難しい程度で、得点は比較的しやすい

以下、✩~✩✩✩で難易度を表します。
✩の数が増えるほど、難易度が高くなります。


第1問 

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩ (4)✩✩ (5)✩✩

この大問は、小問集合です。しかも暗記系の問題に強い人にとっては最も得点しやすい大問だったでしょう。内容も難しくはありませんので、満点も夢ではありません。教科書の本文(欄外に小さく書かれていない部分)を理解しておくことで、十分に得点が狙えます。思考力が第3問、第4問で問われていますので、単純な知識で答えられるのはこの大問くらいですので、生物の特に思考が苦手な受験生は、ここでいかに点数をあげられるのかを考えましょう。

 

対策としては、センター試験レベルの問題は確実に解けるようにしておくことです。第1問が今後も出題内容が大して変わらないのなら、センター試験で問われることで特に知識系の問題をたくさん解いておきましょう。センター試験は多くの受験生の目に触れてもいいような質の問題で構成されていますので、質を重視してセンター試験の過去問でどのような知識が問われやすいのか、そして自分の知識はどの程度なのかを確認しましょう。難しい知識をたくさん入れておく必要はありませんので、せめてセンター試験のレベルには達しましょう。

 

第2問

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩✩ (4)✩✩✩ (5)✩✩✩ (6)✩✩ (7)✩✩✩ (8)✩✩✩

この大問では、血液循環、酸素運搬に関わる問題で構成されていました。いかにも医学部っぽいですね。どこの学部においてもそうなのですが、大学入学後の勉強を意識した問題で構成されていることが多いのです。つまり、医学部受験者は人体の構造やホルモンについてはより重点的に学習しなければいけません。そのほかにも、臓器の役割や消化液の役割についても理解しておいてください。

 

対策としては、「医学部としてどのような視点が必要なのか?」ということです。ただ人体のことを暗記して、問題集が解けるようになればいいのでしょうか?それでも合格はするかもしれませんが、内容を見ていただくとわかる通り、内容を本当に理解していないと解けない仕様になっています。今回の大問で正解できなかった受験生は、「どうしてこの式になるのか?」「血液がこの順で巡るのなら、心臓のこの部分はどのような性質をもっていなければならないのか?」まで考えると、これからの学びにもつながりますよ。医学部に合格するだけが目標ではありません、今から医学部生としての視点も大切にしておきましょう。

第3問

(1)✩ (2)✩✩ (3)✩✩ (4)✩✩ (5)✩✩ (6)✩✩✩ (7)✩✩✩

この大問では、コレステロール代謝に知識、対応力が問われます。他の問題よりも難易度が高く、あまり出会ったことがない問題ともいえますので、得点するのは難しいかもしれません。前から順番に問題を解いていたとしたら、この大問を解くよりも先に第4問を解いた方がいいかもしれませんね。

 

対策としては、多くの実験問題を解く事です。実験問題の特徴は、知識が必ずしも必要だというわけでないことです。今回の問題文を読んでもらえればわかると思いますが、「実験結果から考えられることとして、~」「実験結果は~」というように、基本は実験からわかったことのみから考えます。そこに不必要な知識はいりません、必要な結果から推察することです(知識は答えを推測するヒントにする程度です)。

 

第4問

(1)✩ (2)✩ (3)✩✩ (4)✩✩✩ (5)✩✩✩ (6)✩✩✩

この大問では、遺伝子発現、遺伝子発現調節、突然変異、進化のしくみ、ヒトの進化、分子系統樹をテーマにした問題を扱っています。この問題もよく出会う内容ですね。センター試験の内容の延長といったところでしょうか。この問題は第1問、第2問に比べると難しいかもしれませんが、第3問よりは簡単ですので、ぜひここでも得点しておきたいです。コドンについては生物では本当によく問われますので、問題集にも多くの問題が掲載されていると思います。難易度にもばらつきがありますので、様々な問題を解いて解ける問題のレベルの幅を広げておきましょう。



2018年度の東京医科大学入試を、完璧に解ける人はかなり少ないように感じます。特に数学や物理、化学は難易度が高かったのですが、それに比べるとまだ内容もセンター試験に出そうなものもありますので、生物は得点しやすい科目のように感じました。解ける問題からとりかかるのはもちろんのことですが、自身で得意な分野・不得意な分野がわかっていると思います。苦手な分野は当然後回し、出来るところからできる分だけ解いていきましょう。また、解答はマーク式なので、時間配分に気をつけて、終了五分前には空いているところを埋めることは忘れないでくださいね!同じ大学であれば好んでいる解き方や分野はありますので、入試本番でも模範解答の解き方は役に立つ可能性は高いです。ぜひその視点で過去問を分析してください。


入試問題は制限時間にシビアです。そのような状況では、解く順番が重要になります。順番を選ぶ基準としては、確実に得点できそうだと感じたものから解き、その中でも時間がかからなさそうなものから優先的に解きます。もちろん、得意な分野不得意な分野は人によって様々なので(理科科目は得意な分野とそうでない部分がはっきりしていると思います)、自分の中で解く順番を決められればいいです。ただし、決める際の基準は「確実に得点できるか?」「短時間に解くことができるか?」になりますので、テスト開始後にはまず全体に目を通してどの問題から解くかを瞬時に判断しましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


住所:神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F


TEL:045-250-3915


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

横浜にある第一志望合格が目指せる個別サポートの予備校よりお知らせのご案内です

What’s Newコーナーでは、横浜の進学塾である横浜予備校の最新情報のご案内をしております。コースのご紹介や生徒募集のご案内、大学受験に向けた校内の様子、受験生に役立つ勉強法などをご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
当校は予備校でありながら集団授業ではなく、個別指導や極少人数指導を基本としております。周囲の雑音が気にならない完全個室でのマンツーマン指導や、最大4名までのプロ講師の目が行き届く授業、オリジナルの学習教材、徹底した学習管理で、手が届かないとおもっていた第一志望にも合格を果たせます。

What's New

What's New お知らせ一覧はこちら

夢をあきらめない横浜予備校

アドバイス・個別相談
コンタクト・お問合せ

tel. 045-250-3915(10:00~22:00 年中無休)

fax. 045-250-3916(24hOK!)

E-mail yokohamayobikou@gmail.com

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目18番地
第一測量桜木町ビル5F

地下鉄桜木町駅 徒歩1分 / JR桜木町駅 徒歩3分

アクセス・桜木町駅徒歩1分・詳しい地図はこちらから

定員4名の"極"少人数クラス!
医学部・難関大受験特化型予備校
横浜予備校(受験をフルサポートする塾)

理念・誕生秘話

受験合格体験記(医学部など)

夢をつかんだ生徒たち・合格体験記はこちら

寮のご案内

寮の相談&お問合せはこちら

メディア掲載紹介

メディア掲載紹介はこちら

公式キャラクター紹介

公式キャラクター・ゆめちゃんの紹介ページ


ページトップへ戻る